掲載をご希望の企業様はこちら

2tトラックの燃費を向上させるには?今日からできる燃料費を削減する5つのポイントとは

2tトラックに乗っている方にとって、燃費良く運転することはかなり重要ですよね。

実は、日々の運転や簡単な工夫で、2tトラックの燃費を向上させることは可能です!

この記事では、2tトラックの燃費を良くするためのコツやポイントを解説いたします。

2tトラック燃費の平均は?

2tトラックの燃費

2tトラックは平均して燃費が良い実用的なものが多いという特徴があります。人気車種はどれも平均燃費が10km/Lを超えてきていますので、70Lの容量の燃料タンクであれば単純計算で10km×70Lで700kmは走れるということになります。

燃費は条件で変わる

街中で配送に利用する場合と高速道路などを使って中長距離を走る場合ではかなり燃費は変わってきます。あくまでも700kmというのは目安ということになります。

ちなみに2tトラックでも燃料タンクの容量が100Lほどあるタイプのものもあります。これらは主に長距離などを想定しており、ある程度の距離を走る前提で備え付けられているものとなります。

また、荷物を何も積んでいない状態のときと最大積載量ギリギリまで積載しているときとでは大きく燃費は変わってきます。

1.5tトラックの燃費

1.5tトラックになると車の大きさも大きめの普通車と変わりません。積載量はかなり少なくはなりますが、その分、燃費はさらによくなります。

ただしこちらも限界まで荷物を積載すると元々パワーがないということもあって燃費はかなり悪くなります。

2tトラックの燃費を向上させるポイント5つ

エコドライブ

急発進や急ブレーキを行うと多くのエネルギーを使うために燃費が悪くなります。「急」がつくような運転を避けて、スムーズな運転をしていれば省燃費で運転をすることができます。

低燃費タイヤを選ぼう

近年、低燃費タイヤが販売されています。普通のタイヤよりもかなり燃費を向上させることができるというものです。積極的に利用していきましょう。

空気圧は大丈夫?

タイヤの空気圧が適切でない場合はタイヤが傷むのも早くなりますし、燃費も悪くなります。空気圧が少ないと地面に対する接地面が広くなりすぎ、タイヤの外側の部分まで擦れていきます。

そうなるとタイヤはすぐに傷んでしまいます。逆に空気圧が高すぎるとバランスが悪くなり、この場合もタイヤが傷みやすくなります。適切な空気圧になっているかどうかを確認しておきましょう。

エンジンオイルは常にきれいに

エンジンオイルが古くなったり汚れたりしているとそれだけエンジンの性能が正しく発揮されずに余計にエネルギーを使用することになります。

汚れていないかを定期的にチェックし、3ヶ月前後を目安に交換するようにしていきましょう。

燃費がよくなるルートを選ぼう

街中で頻繁に信号に引っかかって、そのたびにブレーキと加速を繰り返しているとそれだけ燃費が悪くなります。仕方ない部分はありますが、できる限りそういったロスがないルートを選んで走行するようにしましょう。

燃費を比較!もっとも燃費のいい2t車は?

日産「アトラス」

日産を代表するトラック「アトラス」は平均値で7.82lm/Lという優秀な燃費をしています。アトラス自体は30年以上前から販売されている歴史ある車種となっており、現在でもその安定した燃費と運転性能で人気の高い車種となっています。

いすゞ「エルフ」

一般乗用車だけでなく、トラックやバスなどの大型まで幅広く生産しているのがいすゞ自動車です。

こちらの人気トラックであるエルフシリーズでは平均実燃費が7.4km/Lほどで高速走行なども含めた平均燃費は10.6km/Lほどとこちらも優秀な数字が出ています。

中には4WDに切り替えることができるタイプのものや、ターボが搭載されているものもあるのですが、それらを使用すると燃費は格段に悪くなるため注意が必要です。

マツダ「タイタン」

マツダが誇る人気トラック「タイタン」では平均燃費が8.02km/Lという非常に優れた燃費性能を誇っています。長い販売の歴史の中で、モデルチェンジを繰り返し行い、21代を数えるほどとなっている人気車種です。

三菱ふそう「キャンター」

三菱ふそうの2tトラックで人気トラックである「キャンター」は平均して7.92km/Lの燃費を誇ります。

高速走行時には最大14.92km/Lを記録するなど非常に優秀な燃費となっており、高速道路を利用することを含めれば平均燃費は軽く10km/Lを超えるという燃費の良いトラックです。

日野「デュトロハイブリット」

小型から大型までトラックを数多く製造している日野自動車の人気トラック「デュトロ」では街中を走行する際の燃費は7.72km/Lほどです。

高速走行中は13.2km/Lとかなり高い性能を誇っていることがわかります。その安定した燃費の良さからクロネコヤマトなどの運送業でも幅広く採用されており、信頼の高さを証明しています。

こうして各自動車メーカーの人気車種を見てきましたが、実際には基本値はほとんど変わりはありません。むしろ購入してからの扱い方、運転の仕方、メンテナンスなどによって燃費は変わってくるのです。

まとめ

2tトラックの燃費は人気車種の中ではほとんど変わらないということがわかりました。

やはりそこからのエコドライブを心掛ける、こまめにメンテナンスをする、タイヤを低燃費タイヤにするといった工夫でさらに燃費を向上させることができるのです。省エネで運転コストを低下させていきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 【トラック】正しい輪止めの位置・使い方・選び方。ホームセンターでも買えるって本当?

    トラックを停車させる際にはタイヤに輪止...
  • 運送会社が行うべき健康診断とは?ドライバーの健康管理と安全運転

    それぞれの運送会社は、自社のドライバー...
  • ダンプカーで必要な免許/資格はコレ!取得の条件や費用、期間はどのくらい?

    ダンプ運転手になろうとしている人にとっ...
  • 牽引免許取得は難しい?需要が高まる牽引免許の取得方法や難易度を解説!

    持っていると得をするとよく言われている...
  • 運送会社に採用される志望動機の書き方とは?ポイントと文例を紹介!

    採用担当者にとってなぜこの会社を選んだ...