掲載をご希望の企業様はこちら

大型トラックを洗車する時に気をつけるポイントとは?洗車グッズや洗車のコツ

大型トラックの運転手の方は、日常点検などでも洗車を毎日のように行う方もいらっしゃるかと思います。

洗車は、真夏や真冬はかなり億劫になってしまいますよね...。

この記事では、大型トラックの洗車のコツやグッズについて解説いたします!

大型トラックの洗車、いつ、誰がする?

基本的には毎日

大型トラックはいつ誰が運転するのかという問題がありますが、これは基本的には運転手が毎日行います。朝の出発前や夕方帰社後に洗車をし、砂、虫、水垢などを綺麗に取り除いていきます。

ルーティンで行うことなので、特別大掛かりな洗車をするというわけではありません。

汚れているから運転に支障があるというわけではありませんが、荷受け主、荷受け場、現場などで汚れている車というのはそれだけで印象が悪くなります。トラックの清潔さも信頼のポイントになるのです。

ドライバーが自分で愛車を洗車します

誰がするのかということですが、基本は運転手です。事業所の手が空いている人が居れば洗車をしてくれることもありますが、それほど人手に余裕がある事業所はあまりありません。

そのためその車を運転している運転手が洗車をするということになるのです。運転しているドライバーだからこそどこが汚れているのかがわかりやすいということもあります。

会社によってはこの洗車に対して洗車手当が発生するということもあります。

大型トラック、手洗い洗車できれいに仕上げるコツ

トラックが汚れる3つの要素

まず多いのが砂や泥です。現場に行くことが多いトラックなどはどうしてもこういった汚れが付いてしまいます。そして雨などによる水垢です。これはそのままにしておくと見た目も汚いですし、サビの原因にもなります。

しっかりと汚れを落として拭き取ることが重要なのです。最後に鳥や虫のフン、死骸などです。これもどうしてもついてしまうもので、放っておいてもなかなか取れないので洗車で取り除くことが必要です。

順番は「上から下」を忘れない

他の掃除でもだいたい同じですが、大型トラックも「上から下」が基本です。トラックの天井部分から側面、最後に足回りを掃除することになります。順番を間違えると綺麗になったところがまた汚れることになってしまいます。

車のボディは繊細ですのでブラシなどで力任せに擦ったりはせずにスポンジなどでふき取るように掃除をしていきましょう。

注意しなければならないのが「塩害、融雪剤」などが付着していることです。これらはパッと見た感じではわかりにくいような車の下部に付いています。そのため車の下部についてもしっかりと汚れを落とす必要があるのです。

仕上げのコツは足回り

地面に接地していることもありますし、泥や砂が付きやすくなるのは足回りです。また人の目線の高さからも汚れが目立ちやすいということもあります。

また、上の部分から洗車をしてくるとその汚れも足回りにつくためにそれらもまとめて掃除する必要があります。

タイヤの汚れを取ると同時にホイールの汚れを綺麗にするとかなり見た目の良い仕上がりとなります。最後に仕上げるつもりで足回りをしっかりと掃除しましょう。

大型トラック洗車に役立つおすすめアイテム5選

洗車ブラシ

洗車ブラシは伸縮できるタイプのものがおすすめです。大型トラックはそれだけ普通にしていては手が届かない部分があるため、伸縮すると汚れもしっかりと落とすことができます。

ただし擦り過ぎると塗装やコーティングに傷をつけることになりますので、ブラシやスポンジは優しく使用するようにしましょう。

硬いブラシは車体部分を擦るのではなくホイールなど強度のある部分を擦るものです。毛先の柔らかいブラシで柔らかく汚れを落とすように使うのが基本です。

洗車グローブ

手に持って使用するブラシなどではなく手にはめて使用するタイプのものです。とにかく細かい部分まで使用ができるということに加えて手で行っているので力の入れ加減が調節しやすいというメリットがあります。

使い勝手が良く、洗車スピードも速くなりますのでブラシと併用して使用するとさらに効果的です。

すべて洗車グローブで洗おうとすると逆に効率が悪くなって時間がかかってしまうかもしれません。細かい部分、ブラシが届きにくい部分に使用するようにしましょう。

カークリーナー

表面的な汚れはカーシャンプーなどで泡立ててスポンジを使って洗い流せば落とすことができますが、虫や鳥のフンなどのしつこい汚れを落とす場合はカークリーナーを使用するのがおすすめです。

用途に合わせた専用のものも販売されていますので選んで使用することができます。用途の違うものを選んでしまうとボディーを傷つけたり塗装を傷めたりすることになりますので注意しましょう。

マイクロファイバーのタオル

洗車をしたまま放置してしまうとその水分が水垢となって残ってしまいますので意味がなくなってしまいます。洗車した後はしっかりと水分を拭き取るようにしましょう。

その際マイクロファイバーの繊維タオルを使用するのがおすすめです。吸水性が高く、効率よく水分を取ることができます。

また、繊維が細かいので車体やミラーなどを傷つけるということがありません。あまり数がない場合はこういった傷つけたくない繊細な部分だけでも使用するとかなり違ってくるでしょう。

カーワックス

洗車をした後は仕上げにカーワックスやカーコーティングを行います。水はけがよくなるだけでなく汚れや傷をつけにくくするという働きがあります。

これをしっかりとしておくことで車体を守り、洗車の手間を省くことができるようになるのです。コーティングはワックスよりも長期間持つために長期間のことを考えるとコーティングするのも良いでしょう。

カーワックスは色艶が映えるようになり、カーコーティングは光沢が増す働きもあります。そういった好みで使い分けるのも良いかもしれません。

洗車機を使うという手も

手洗いではな大型洗車機を使用するという方法もあります。もちろん会社に設置するとなると大変です。広い場所と基礎工事や洗車機本体の費用が必要となってくるためにあまり現実的ではありません。

だいたい目安としては1000万円ほどかかると考えておかなければいけないでしょう。もちろん保有車両が多く、洗車の手間や洗車コストを考えて設置した方がメリットがあると判断されれば設置を考える会社もあります。

しかし個人事業主などではまずないでしょう。そこで洗車場やガソリンスタンドなどの大型洗車機を使用することになります。場所によっても値段は違っていますがだいたい1回1000~1500円ほどで使用することができます。

ここで使用する洗車機は細かい部分を掃除するというよりは全体的にざっと綺麗にするというイメージです。最近では洗う場所をタッチパネルなどを使用して指定することができるタイプのものもあります。

まとめ

大型トラックは一般乗用車と比べて走行距離も多くなりますし、走行時間も長くなります。それだけに汚れも付きやすくなっています。

しっかりと洗車することは荷受け主や現場での印象を良くするだけでなく、サビなどから車体を守るという意味合いもあります。

洗車をするのに便利なグッズも数多く販売されていますので、それらを使ってしっかりと車体のケアをしていきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 総重量限度緩和指定道路とは?重さ・高さ制限を超えるトラックの許可申請について

    総重量限度緩和指定道路という用語に聞き...
  • 大型トラックの自動車税はいくらくらいかかる?その内訳と計算方法

    大型トラックの所有者、または使用者には...
  • ルート配送の仕事は楽しい!ルート配送のメリットとデメリットを詳しく紹介!

    トラックドライバーへの転職を検討されて...
  • 大型トラック運転の時のお風呂はどうする?大型ドライバーの入浴方法をご紹介

    トラックドライバーといっても近郊エリア...
  • レッカー車の運転操作に必要な資格/免許とは?

    車の急なトラブルなどで活躍するレッカー...