掲載をご希望の企業様はこちら

大型トラックのエンジンオイル漏れが起こる原因とは?改善方法と予防方法を徹底解説!

大型トラックのトラブルの原因の一つにオイル漏れがあります。オイル漏れを放置したまま走行を続けると事故に繋がるため、オイル漏れの症状が見つかった場合には早急に手当てが必要になります。

オイル漏れが原因の事故を防ぐためには、予防方法と改善法を知っておくことが重要ですね。

そこで今回は、大型トラックのオイル漏れの原因と改善方法を徹底解説していきます。

大型トラックのエンジンオイル漏れの症状は?

エンジンオイルとは

エンジンオイルは、トラックのエンジンにとって欠かせないアイテムです。エンジンを動かすと摩擦や加熱などエンジンに様々な負担がかかります。

エンジンオイルは、エンジンの負担を軽減するための冷却や潤滑といった働きをするため、エンジンを保護する効果が得られます。

また、エンジンオイルには寿命があり、経年劣化していきます。劣化状態になった古いエンジンオイルは真っ黒になってしまうため、見た目でも劣化していることが確認できます。

エンジンオイル漏れの症状は2種類

エンジンオイル漏れの症状は

  • 外部漏れ
  • 内部漏れ

の2種類があります。

エンジンオイル漏れの外部漏れは、エンジンオイルが下に下がって行くことで発生します。トラックを駐車している時にトラックの下にオイルによって水たまりができている症状の場合です。

エンジンオイルの内部漏れは、エンジンオイルにオイル上がりが起きると発生します。エンジンオイルの内部漏れが発生するとエンジンオイルのヘリが早くなったり、マフラーから白煙が出るとといった症状が出ます。

エンジンオイルの内部漏れと外部漏れについては後で更に詳しく解説します。

大型トラックのオイル漏れが起こるのはなぜ?

大型トラックのオイル漏れが発生するのには外部漏れ、内部漏れそれぞれに原因があります。

  • トラックから水たまりのように沢山のエンジンオイルが漏れている場合
  • エンジンオイルの減りが以上に早い場合

などはオイル漏れが起こっていると考えられます。

まず外部漏れですが、ヘッドガスケットの不備、劣化により発生します。ヘッドガスケットが劣化しているとエンジンオイルが上から下へと逆流してしまいます。このことが原因でエンジンオイルの外部漏れが発生します。

内部漏れは、ピストンリングやシリンダーの不備、劣化があると、隙間が生じます。この隙間からエンジンオイルが漏れるケースがエンジンオイルの外部漏れになります。

また内部漏れでオイル下がりが起こりオイル漏れが発生した場合は、バルブシールの劣化が原因と考えられます。バルブシールはゴム部品のことで、劣化して隙間ができるとエンジンオイルが漏れてしまいます。

大型トラックのオイル漏れを放置するのは違法!どうすれば良い?

オイル漏れが起こっている状態でトラックを走行するのは違法です。違法なので逮捕される可能性もあるため、オイル漏れに気が付いたら放置するのは止めましょう。

また、オイル漏れの状態を放置したままでは、車検も通らない可能性があるため、オイル漏れに気が付いたら対策を施すようにしましょう。

オイル漏れに気づいた時に応急処置として効果があるのは、漏れ止添加剤を使用することです。漏れ止添加剤は、簡単に購入することができるので、常備しておき、オイル漏れに気づいた時には応急処置として使ってください。

しかし、漏れ止添加剤は、あくまで応急処置です。オイル漏れがあった場合は、トラックを修理工場に持っていきオイル漏れを修理してもらいましょう。

修理費用は、工場や症状によって変わります。症状が軽ければ数千円で済みます。しかし症状が重たいと数十万円以上かかる場合もあります。ですが必ず工場で修理してもらうようにしましょう。

オイル漏れを予防するためには、パーツが劣化してオイル漏れが発症する前に交換することです。オイル漏れの原因となるバルブシートなどを定期的に交換することでオイル漏れを予防できます。

エンジン以外にも起こる大型トラックのオイル漏れとは

ここまで大型トラックのオイル漏れの原因としてエンジンオイルの漏れを紹介してきましたが、大型トラックのオイル漏れの原因にはエンジンオイル以外もあります。

  • ミッションオイル
  • クラッチオイル
  • ブレーキオイル

などが原因でオイル漏れが起こっている場合もあります。このようなエンジンオイル以外のオイル漏れの原因もほとんどが、整備不良によるものです。

また、トラックのオイル漏れの原因は、ミッションオイル、クラッチオイル、ブレーキオイルなどエンジンオイル以外の原因もあるので、容易に原因を自己判断して自分で修理しようとすることは危険でもあります。

オイル漏れは、事故に繋がる可能性もあるため、自己判断に自信がない場合は、修理工場に持ち込むことをおすすめします。

まとめ

大型トラックのオイル漏れについて解説しました。いかがでしたでしょうか。

オイル漏れの主な原因はエンジンオイルの漏れです。また、例外としてミッションオイル、クラッチオイル、ブレーキオイルなどがオイル漏れしている場合もあります。

どのような症状でもオイル漏れのまま走行するのは、危険ですのでオイル漏れの症状が見つかったら修理するようにしてください。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 大型トラックの燃料タンクの容量は増設できるの?大型トラックの燃料タンク最大容量とは

    大型トラックは長距離輸送から地場の近距...
  • フォークリフトの耐用年数は何年ぐらい?定期的なメンテナンスと点検で実用年数を延ばそう!

    フォークリフトは多くの業界で活躍するな...
  • フォークリフト免許、更新は必要?紛失の際の再発行手続きのやり方

    フォークリフトに関する免許は多くの業種...
  • タンクローリーの容量の最大値と平均値はどれくらい?タンクローリーの種類についても解説

    液体である燃料や液化ガスを輸送するため...
  • パッカー車の洗車の手順 - ゴミ収集の仕事内容と人気の消臭アイテムも紹介

    パッカー車はゴミの収集などの用途に使わ...