掲載をご希望の企業様はこちら

大型トラックで方向転換する方法とコツ、注意点を解説!きれいにバックを決める方法

大型トラックで長距離移動の際に気になるのは燃料の残量だと思います。特に忙しい時などは何回も給油で止まる時間も勿体無く感じることもあるでしょう。対策として燃料タンクの増設が考えられます。

そこで、燃料タンクの増設ができるのかといった内容や、増設することのメリットなどをご紹介します。

大型トラックの方向転換の難易度

一般的にトラックは車体が大きいため、運転席に座った際のドライバーの目線は普通車におけるそれよりも高くなります。

中型トラックと比べてもさらに車高のある大型トラックの場合、ドライバーの目線は地上から2.8mの位置。これは普通車のときのおよそ2倍にあたります。

また、死角の多さもよく指摘されるところです。足元や左後方が見えにくいことに加えて、箱車やウイング車の場合は後ろが箱状の荷台になっているため、ルームミラーを見ても後方を確認することができません

このように運転感覚が普通車と著しく異なることから、大型トラックで方向転換を行うためにはコツを掴むことが必要だとされているのです。

方向転換のコツ

それでは、大型トラックで方向転換を行う際に意識すべきコツとはどういったものなのでしょうか。

具体的には大きく5つに分けられます。順番に見ていきましょう。

基準の軸タイヤ

大型トラックのタイヤの構造には三つの種類があることをご存じでしょうか。

  1. 前輪1軸、後輪2軸のパターン
  2. 前輪2軸、後輪1軸のパターン
  3. 前輪、後輪とも2軸あるパターン

いずれのパターンにも共通する特徴は、前輪であれ後輪であれ、2軸になっているうちの後ろ側に位置しているタイヤはこれといって方向転換に影響を及ぼさないということです。

基準の軸タイヤは2軸のうちの前側と覚えておきましょう。前側に来ているタイヤを曲がり角に近づけてハンドルを切れば、障害物に接触することなく方向転換できるはずです。

ちなみに、教習所では前輪1軸、後輪2軸の大型トラックが使われていることが多いようです。

スピード

教習を受けている際、方向転換をゆっくり行っても特に減点はされません。

方向転換をするときは、

  • 目視等が問題なくできているか
  • 車体が周囲の障害物に接触していないか

といったことのほうが遥かに大切です。迅速にこなすことよりも、正確にこなすことを重視してください。

方向転換を特に多用するのは駐車時です。駐車は普通免許を取る場合であってもつまづきやすいポイントの一つ。

大型トラックではより慎重に運転することが求められますが、スペースは充分確保されていますから、落ち着いて操作しましょう。

適切なタイミングでハンドルを切り、また適切なタイミングで戻せば、減点されずに駐車を行うことは決して不可能ではありません。

向きを変えたい方向とは逆に寄せておく

トラックを右向きに出したいとしましょう。このとき、車があらかじめ右に寄りすぎていると出ることができなくなります。同様に、左向きに出したいときに車が左に寄りすぎていても、やはり車を出すことができなくなってしまいます。

これは、内輪差があるからです。大型トラックは車体が長いため、普通車のとき以上に内輪差を意識して運転する必要があります。

具体的にどうすればいいのかと言うと、行きたい方向とは反対に寄せておけばいいのです。駐車時の幅寄せの際などは、バックする段階から意識しておくとよいでしょう。

左バックは後部の窓から目視

トラック全般に言えることとして、車両の左側は死角です。大型トラックとなればその範囲はなおのこと広くなってしまいます。

運転席から左側のサイドミラーを見て確認することになるわけですが、カバーできる範囲は狭く、そもそもミラー自体が決して見やすいわけではないということもあって、左バックは大型トラックのドライバーにとって大変な鬼門なのです。

左バックを上手に行うためのコツは、無理してミラーだけで確認するのではなく、トラック後方の窓から目視すること。窓から見える範囲のほうが広いので、より安全に運転することができます。

目印を自分で微調整する

教習である以上、もちろん最初は教官が目印を教えてくれるはずです。しかし、それはあくまでも基本の目印。人の体格はそれぞれですから、教官と教習を受けるドライバーとでも当然体格が異なります。

すると感覚も違ってくるので、教えてもらった目印を鵜呑みにするのではなく、自分に合わせて微調整したほうがよいでしょう。

方向転換は斜めになっていても問題ない

実は、方向転換の試験では車が斜めになっても減点されません。したがって、無理にまっすぐにしなくてもよいのです。

それよりも、

  • 前後の壁に接触しないこと
  • ポールにぶつからないこと
  • 目視確認を怠らないこと
  • 幅寄せをきちんと行うこと
  • 問題なく切り返しを行うこと

などに注力しましょう。

脱輪にも注意が必要

タイヤが道路から外れてしまい、車が走行できなくなることを脱輪と言います。教習試験を受ける際はこれに気をつけなければなりません。

バックすることばかりに気を取られていると、縁石などに乗り上げてしまうようなことになりかねません。脱輪すると一発で検定不合格となってしまいますから、くれぐれも注意してください。

まとめ

死角の広さや内輪差の大きさといった要因もあって、大型トラックの方向転換はドライバーにとって比較的難易度の高いものとなっています。しかし、車を入れることができるスペースは間違いなく確保されています。

落ち着いて操作を行えば必ず駐車できますし、適切にハンドルを回せば問題なく車を出せるはず。冷静さを保ったうえで運転を行うようにしてください。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 白ナンバートラックで罰則を受ける行為について解説!白ナンバートラック自体は違法ではない

    白ナンバーのトラックで荷物を輸送すると...
  • 大型貨物自動車等通行止めの標識の意味や違反罰則について解説

    大型トラックの運転中に標識気づくのが遅...
  • レッカー車のサイズ/大きさとクレーン車の種類・ユニック車とクレーン車の違いとは?

    レッカー車にもサイズがあるという事をご...
  • 牽引免許取得はコツをつかめば難しくない!牽引車の運転について解説!

    牽引免許の取得は難しいというイメージが...
  • 高床トラックと低床トラックの重要な違いとは?メリット・デメリットを解説!

    高床トラックというのをご存知でしょうか...