掲載をご希望の企業様はこちら

10tトラックの積載量は?大型トラックとの違いや10tトラックの定義とは

運送業界への転職を考えている方で、業界の方々が大型トラックを呼ぶときに大型と呼んだり、10tトラックと呼んだりしているのを聞いて何が違うのだろう?と感じたことがあると思います。

しかし、業界で働いていた経験がないと分からないことも多いですよね。

そこで今回は、10tトラックと呼ばれているトラックについて詳しくご紹介していきたいと思います。

10tトラックとは

10tトラックとは、一般的に最大積載量が10t前後のトラックのことを指します。「10t前後」とされている通り、実際に明確な線引きはなく、大型トラック全般を指すこともあるのです。

10tという数字は最大積載量のことであり、積める荷物の重さとなります。数字がトラックそのものの大きさであると捉えてもよいでしょう。

10tトラックと呼ばれる理由

なぜ、大型トラック全般を指す名称として「10tトラック」と呼ばれるのでしょうか。実は、道路交通法が改正される前の名残で10tトラックと呼ばれているのです。

道路交通法改正によって、新しく準中型免許が設置されました。普通免許で運転可能となる車両の積載量も変更されるなど、細かな変更があったのです。

しかし、法改正前から呼ばれている名称のほうが馴染みがあり、運送業界では通じるため、10tトラックと総称するケースが多いのだといえます。実際には積載量が10tではないケースもあることを認識しておきましょう。

種類別10tトラックの積載量

ダンプ

ダンプの荷台には鉄板が付けられています。しかし、通常通り使用するとへこみが生じるため、鉄板で強度を上げることもあるのです。

さらに、車両の側面シートなどを付けている場合も、車両の重量として計算されます。ダンプの車両総重量はおよそ2tであり、2t引く車両重量で最大積載量を計算できるのです。

ダンプは、およそ8tが最大積載量であるといえるでしょう。車両寸法はメーカーによって異なりますが、全長およそ7,600mm 、全幅およそ2,500mm、全高およそ3,300mmが目安です。

ミキサー車

10tのミキサー車は、およそ3~6tが最大積載量であるといわれています。車両寸法は全長およそ7,900mm、全幅およそ2,500mm、全高およそ3,700mmが目安です。

大型トラック

大型トラックは、パネル部分などの重さおよそ2tを引いた8tが、最大積載量であるといえます。車両寸法は全長12,000mm、全幅およそ2,500mm、全高およそ3,300mmです。

ダンプ・ミキサー車と比較をすると、全長が大きく異なります。

10tトラックの最大積載量の求め方

最大積載量が10tであっても、10t積載できるわけではありません。計算方法を知らずに積載してしまうと罰則を受けるため注意が必要です。

特にミキサー車は、積み込む際に積載量を計測するため、過積載をすると悪質と捉えられてしまいます。しかし、最大積載量を求める計算方法は非常に簡単です。

基本的に、パワーゲートなどを含めた車両の重さを引いた数字が最大積載量です。車両重量を差し引く計算になるため、

側面にイルミネーションやシートを付けている場合などは、積載量が小さくなります。トラックの製造業者では、車両重量を1tでも軽くすることが求められているのです。

ダンプ、ミキサー車は10tトラック

最大積載量が10t前後となるダンプやミキサー車などの車種は、10tトラックと総称されるケースが多いです。「トラック」と一言でいっても、さまざまな車種が含まれることを認識しておきましょう。

最近では14t前後のトラックが主流

法改正により、最大積載量に変化がありました。現在では、ほとんどのトラックの積載量が14t前後となっています。積載量が変化するものの、14tトラックも10tトラックと総称されるケースが多いです。

まとめ

10tトラックの呼び方には正確な線引きはありません。10t以上であり、主流となっている14tトラックや、積載量の多いトラックも「10tトラック」と呼ぶことがあります。

しかし、ダンプやミキサー車も、積載量だけで見れば10tトラックと呼べるのです。求人サイトなどでは、10tトラックのドライバー募集にダンプやミキサー車のドライバーが含まれていることも珍しくありません。

応募の際には、10tトラックという括り以外に車種も確認しましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • ルート配送の効率化はどうして難しい?3つのポイントと無料アプリ/ソフトについて

    ルート配送の業務を効率化させるために何...
  • 初めて2tトラックを運転する人が知っておくべき普通自動車との違い7点

    初めてトラック運転手になる方はまず2t...
  • バキュームカーの仕事内容/業務内容を徹底解説!バキュームカーの仕事が向いている人とは

    私達の生活に欠かせない存在がバキューム...
  • 3トン車のサイズ/寸法はどれくらい?主要メーカーのサイズ目安を紹介

    3トン車というとどのくらいの大きさなの...
  • 運送会社の退職理由に多い原因とは?離職率を下げるために改善するべき項目

    せっかく就職したとしても何等かの事情で...