掲載をご希望の企業様はこちら

運送会社で働くドライバーの労働時間・改善基準告示のポイントをわかりやすくご紹介

運送会社で働くドライバーの労働時間は、厚労省が出した「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」によって細かく決められています。

ドライバーの拘束時間、休日、運転時間などについてここでは紹介していきたいと思います。また、2024年の労働基準法改正についても簡単に紹介していきます。

改善告示基準とは

ドライバーの健康を守るためにはさまざまな法令が定められています。

一般に改善告示基準と呼ばれているものは正式には「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」と呼ばれるもので、平成元年に出されました。

内容はトラックなどを運転するドライバーの労働時間の改善などを目的としたものとなっており、細かくは「トラック運転者の労働時間等の改善基準」でまとめられています。

ここで、ドライバーの勤務時間、拘束時間、運転時間などについて記されています。

運送会社で働くドライバーの拘束時間

ドライバーの「1日」とは

長距離ドライバーなどの場合は日をまたいで仕事をすることもあるために分かりづらくなっている部分があるのですが、ドライバーの「1日」とは「始業時刻から起算した 24 時間。8時始業の人は、翌8時までが1日となる」と定められています。

これを基準にそれぞれの時間を考えていくことになります。

拘束時間とは

労働者の拘束時間は「始業から就業までの時間」となります。休憩や仮眠などについては「労働時間」には含まれませんが「拘束時間」には含まれます。

また、荷受け場や積み下ろしの際の待機時間も拘束時間に含まれるようになっています。

ドライバーの拘束時間

ドライバーの拘束時間の上限は「原則13時間、最大16時間」となっています。

ただし、「1週間のうち、拘束時間が15時間をこえる日は2日までが限度」というように定められています。

運送会社で働くドライバーの休日と休息期間

休憩と休息期間

「休憩」とは拘束時間の間に取られる休憩の時間を指しています。「休息期間」は勤務していない時間のことです。

1日8時間以上をとる必要があり、原則として分割してはいけません。

ドライバーの休日

休日とは「8時間の休息期間+24時間」を指しており、これを分割することはできません。

休日と休息時間についての特例

ここにはある条件を満たした場合にのみ特例が認められています。

  • 休息時間の特例→どうしても8時間連続で取れない場合は分割もできる。が、継続して4時間以上、合計10時間にしなければならない
  • 2人乗務の場合、体を伸ばして休める設備が車両内にあれば、拘束時間を最大20時間まで延長できる。休息時間も4時間まで短縮することができる

といったものです。

運送会社で働くドライバーの運転時間

連続運転時間

連続運転時間の限度は4時間と決められており、4時間連続で運転したら最低でも30分以上は運転しない時間を作る必要があります。

非運転時間は連続した30分以上に限らず分割して取ることもできます。ただし分割した場合は1回当たり10分以上となるようにする必要があります。

連続運転時間の上限

連続運転時間の上限は2日平均で9時間まで、2週間平均で44時間までと定められています。

運送会社で働くドライバーの時間外労働

時間外労働と休日労働

法定労働時間は8時間と定められています。そのため、それ以上の拘束時間は時間外労働と考えられます。

拘束時間についても年間の上限も定められており、年間3,516時間までとなっています。時間外労働をさせる場合も、この上限を超えることはできません。

2024年に向けての改善ポイント

2024年に労働基準法が改正されますが、時間外労働についても新しい基準が適用されます。

運送業界の時間外労働については「年間960時間まで」となるため、運送会社などはこの基準に合わせるために対応が求められています。

まとめ

運送業界のドライバーは労働環境が悪いとされてきました。そのため過酷な労働条件によって健康を害し、事故を起こすということもありました。

近年その状況を打破するために法改正が進められています。運送会社はこの基準にのっとり、ドライバーの健康を守っていく義務があると言えます。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 4tトラックの維持費はどれぐらいかかるの?税金やコストについて徹底解説!

    4tトラックは現在、一番需要の高いトラ...
  • ゴミ収集車のお値段はおいくら?新車・中古パッカー車の価格相場はいくらぐらい?

    毎日街のどこかで頻繁に見かけるのがゴミ...
  • gvwの意味とは?gcwとの違いについても解説!

    トラックの運転を仕事にしている方でも『...
  • キャリアカーの運転は難しい?キャリアカーの難しさを調査!

    キャリアカーの運転は難しいイメージがあ...
  • フォークリフトの耐用年数は何年ぐらい?定期的なメンテナンスと点検で実用年数を延ばそう!

    フォークリフトは多くの業界で活躍するな...