掲載をご希望の企業様はこちら

ドラム缶運搬のコツを知りたい!ドラム缶の転がし方・傾け方を身に着けるにはどうすればよいか

ドラム缶は200kgの重さにもなることから運ぶのが難しいものでもあります。

基本的には斜めにして転がしていくという方法をとるのですが、失敗すると倒れて転がっていってしまうために慎重に行う必要があります。

そこでここではドラム缶の運搬の仕方を紹介していきたいと思います。

ドラム缶の重量

ドラム缶

ドラム缶の中には潤滑油や食品用油、薬品類、ガソリンなどの揮発性の高いものなどさまざまなものが入れられています。

とにかく危険物が多く、こぼしたり缶を破損させたりすると大問題になります。缶自体の重さが20kgほどで、中身を含むと200kgほどになることもあります。

そのため運び方を間違えると蓋が開いてしまったり、缶が破損して中身が出てしまうことがあります。

ドラム缶を運搬するコツ

ドラム缶を斜めにする

ドラム缶を移動させるときにはまず上部分の手前と端をしっかりとつかんで片足をドラム缶の下部分に当てます。

そして足を支点にしてテコの原理でドラム缶を引き寄せます。このとき傾きが足りないと斜めになりませんし、勢いがつきすぎるとドラム缶が倒れてしまいます。

一度倒れてしまうとドラム缶は起こすのが大変ですので力加減に注意しましょう。

腰で支える

斜めになったドラム缶は腰骨で支えるようにして体全体で倒れないようにします。ドラム缶の角度によってバランスがとれる位置が変わってきますので角度を調節しましょう。

このとき体全体で支えるようにすることがポイントです。手だけで支えようとすると倒れてしまうことがあります。

中身が入っているときは200kgにもなりますので手だけでは支えることはできませんし、無理に手で支えようとすると挟んだりして危険です。

斜めの状態のまま転がす

そして傾いたドラム缶は斜めのまま接地している縁に沿って転がしていきます。急ぎ過ぎないことと角度がポイントとなります。

ちょうどよい角度になると片手でも転がしていくことが可能です。ただし無理だと思ったときはとりあえず元のように一度立てましょう。勢いがつきすぎると危険です。

ドラム缶を安全に運搬するために

ドラム缶用台車

複数のドラム缶を一度に運ぶことができるカゴとハンドルがついた台車です。押して運搬することができるようになっており、手軽にドラム缶を運搬することができるようになっています。

ドラム缶用円形台車

こちらはドラム缶用の円形の台車です。簡単に運ぶことができるようにはなっているのですがハンドルはついていません。

ドラム缶リフター

こちらはドラム缶を吊り上げて運搬するものです。重さがあるドラム缶を吊り上げて運ぶ際にはバランスが重視されるため、操作も難しくなっています。

ドラムクリッパー

こちらはフォークリフトでドラム缶を運ぶための専用のアタッチメントです。フォークリフトのツメに付けることでドラム缶の縁をつかむことができるようになっています。

ドラム缶の中身が空でも入っていても使える便利さがあるのですがフォークリフトの運転ができるということと、どんなフォークリフトでも使えるわけではないという条件があります。

ドラム缶運搬のコツを身に着けるには

空のドラム缶で練習する

ドラム缶の運搬のコツを身に着けるには何よりも練習が一番です。いきなり中身がフルに入ったもので行うと危険なのでまずは空のもので練習をするのが良いでしょう。

ドラム缶は空でも20kgほどの重さがあるのでまずはここで慣れていき、重いものに変更していきましょう。

先輩にコツをきいてみる

先輩や上司がいる場合はポイントを聞いてみるのも良い方法です。わかりやすいポイントを教えてくれることもあるでしょう。

また、先輩がドラム缶を運搬しているのを「見る」というのも重要です。どうやってスムーズに転がしているのかを見て、技術を盗んでいきましょう。

体で覚える

転がし方にコツはあるものの実際に転がす人の腕力や体型、転がすドラム缶の形状や重さなどによってまったく同じというわけにはいきません。

最終的には自分でやってみて自分に合う転がし方をマスターしていくのが正解となります。体が転がし方を覚えてくれば簡単に転がせるようになっていくでしょう。

無理せず道具を使うことも大事

何も道具がない場合は仕方ないかもしれませんが、ドラム缶を運搬することができる道具があるのであればできるだけ使うのが良いでしょう。

ただし道具を使えば絶対に安全で楽というわけではありません。正しく道具を使わないと逆に危険な場合もあります。使い方を間違えないように正しく使っていきましょう。

まとめ

ドラム缶は大きさもありますし、中身が入っていればとにかく重いということもあって簡単に運ぶということはできません。

しかし正しく運べばある程度安全に運ぶことができます。正しい運び方を知って、練習することでドラム缶の安全迅速に運搬できるようになるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • ウイング車の高さはどれくらい?寸法やサイズと合わせて紹介!

    10tトラックから2tトラックまで主力...
  • スマホのドライブレコーダーは熱くなる?熱対策や必須アイテムを紹介!

    最近では運転中のトラブルや事故に対応す...
  • 8ナンバーのトラックは税金がお得?8メリットと注意点について解説します

    個人で運送業を行っていると、少しでも維...
  • 大型トラックのエンジンオイル漏れが起こる原因とは?改善方法と予防方法を徹底解説!

    大型トラックのトラブルの原因の一つにオ...
  • 白ナンバーダンプは違法じゃないの?白ナンバーと緑ナンバーの違いをご紹介!

    白ナンバーのダンプをよく見ることがあり...