掲載をご希望の企業様はこちら

セミトレーラーの寸法/サイズ - 長さ/高さ/幅/総重量など寸法に関する全てをまとめ!

セミトレーラーというのは牽引車の一種で、よく見かける一般的なトレーラーです。

今回は2015年に緩和された保安基準により、連結時の全長が最大18メートルまでとなりました。今回はセミトレーラーの寸法についてご紹介いたします。

セミトレーラーとは

まずはセミトレーラーとはどんな車両なのかについてを簡単にご説明いたします。

セミトレーラーの構造

セミトレーラーというのはトラクターというトレーラーヘッドの部分と自走しないトレーラーを連結した車両の事を言います。

よく運転席の部分の事をトレーラーだと思う方がいらっしゃいますが、実は連結される方をトレーラーというのです。

トレーラーはキングピンという突起がついていて、トラクターの後部についているカプラと連結させて貨物を輸送していきます。

輸送する費用が安く済むのと大量に荷物を運べるので、物流業界には無くてはならない車両です。

フルトレーラーとの違い

トレーラーにはフルトレーラーというものもありますが、フルトレーラーというのはトラクター(キャビン)+トレーラー+トレーラーというように、トレーラーをさらに連結させた車両の事を言います。

セミトレーラーよりも全長が長いので運転が難しいのですが、ドライバー不足を解消するために今後の活躍が期待されている車両です。トレーラーの運転技術が高い方でも難易度が高い車両として有名です。

セミトレーラーの寸法・長さ・総重量

ここではセミトレーラーの寸法や長さ、総重量についてをわかりやすく説明いたします。

2015年法改正が行われた

トレーラーの寸法に関しては2015年に法改正が行われ、2軸エアサストラクタの駆動軸重が10トンから11.5トンに引き上げられました。

また、特例8車種のトレーラーの車両総重量も28トンから36トンに引き上げられました。

さらに橋梁照査式適合車両の取り扱いについても、バンタイプのセミトレーラーに拡大適用されるなど、法改正が行われたのでよりトレーラーでの物流がやりやすくなりました。

物流業界にとっては喜ばしい法改正です。

セミトレーラーの長さと総重量

セミトレーラーの長さですが、トラクターの先端からトレーラーの一番後ろまでが全長18メートル以内となっています。連結した時の全長なのでトラックと比べると長く感じるかもしれませんね。

もちろん逆に10メートルしかないトレーラーもあるので、一概にセミトレーラーの長さは何メートルですとは言い切れません。

総重量については改定後は上限36トンまでとなっています。相当量の物資の輸送ができる車両である事がわかります。

トレーラーは8種類

ここではトレーラーの種類についてご紹介していきます。よくある8種類をご紹介いたします。

バン型

バン型セミトレーラーはいわゆる箱車と言われているアルミ合金でできた箱を利用したものです。荷崩れしそうな荷物や一般的な物資の輸送をするのに利用されます。

飲料品や食品などの輸送などにも活用されます。雨など水に濡れてしまうと困る荷物の輸送をするのに適していて、箱をフル活用して大量に物資を輸送する事ができます。

幌枠型

幌枠型というのは頑丈な布のようなもので枠を囲ったタイプのトレーラーです。

一般的な物資を運ぶのにも利用されますが、農業用の物資や酪農用の飼料などを運んだり、建築素材などを輸送するのに適しています。

また、一般的な金属などでできた箱を使うよりも全体的に軽量化する事が可能なので、よりたくさん物資を運びたい時に活用されます。

自動車運搬型

よく自動車ディーラーの前に駐車して車を積んだり下ろしたりしているのが、自動車運搬用セミトレーラーですね。運ぶ車両の数にもよりますけれど、一階と二階で8台ほど積載して運搬する事ができます。

ちなみに自動車を積む時もドライバーが行うので、相当な運転技術が必要になるのもこのトレーラーの特徴かもしれません。

スタンション型

スタンション型というのは荷台の左右に支柱が数本立っていて、その間に運ぶ物資を積載していくのですが、木材など長い荷物を載せて輸送するために使われる事が多いですね。

特に木材は山間の町ではよく見かけます。かなりの量の木材を積載する事ができますが、荷崩れなどを起こさないためにしっかりと固定して走らなくてはなりません。

タンク型

タンク型というのは皆さんもよく見かける事があるかもしれません。例えばガソリンなどを運んでいるトレーラーがこのタンク型です。

ガソリンの他にも液体を輸送する際にはタンク型のセミトレーラーが大活躍するのです。

ガソリンの他にも薬品や牛乳に災害時には水などを輸送するためにも使われている車両になります。運ぶものによっては危険物取扱責任者などの資格が必要になります。

コンテナ型

コンテナ型セミトレーラーはコンテナをそのまま荷台に乗せて運ぶトレーラーです。

コンテナをそのまま載せられるという事もあって、海外からの荷物を受け取ったり輸出したりする時に利用される事が多いですね。

コンテナを使用するのには他にも理由があります。例えばコンテナで輸送する事によって輸送コストを削減する事ができたりするのです。

あおり型

あおり型セミトレーラーというのはダンプカーのようなあおりが付いているタイプの荷台を連結したものを言います。例えば土砂や岩などを積載して輸送する時などに活躍するトレーラーとなっています。

大きな土木現場などで活躍していますが、広い土地が必要になるので大きなビルの建設を行うのに最適なセミトレーラーです。

船底型

船底型セミトレーラーというのは巨大な荷物を輸送する時に使うセミトレーラーです。超低床なので道路との段差が少なく大きくても重い荷物を輸送する時に活躍しています。

ただし床が低すぎてタイヤが剥き出しになっている事もあります。

見た目はまな板のように見えますが、用途は色々とあるのですがよく見かけるのは重機など建設現場で働く車ではないでしょうか。

セミトレーラーが公道を走行するには

ここではセミトレーラーが公道を走るために必要な許可の有無についてご紹介いたします。

道路法と保安基準

まずは道路法についてですが、道路法というのは道路を車両などが走行する時に、その車両の重量が道路に与える影響についてを考えている法律の事を言います。

一方で保安基準というのは車体の安全性についての規定の事を言います。

例えば車検証に記載されている重量が認められている重量であっても、各道路で定められた重量、高さ、長さをオーバーする場合は特殊車両通行許可が別途必要になってくるのです。

勝手に走行しては罰せられてしまうというわけなのですね。

特殊車両通行許可とは

特殊車両通行許可というのは道路事に定められた規定を超える場合に、その道路を走行するために必要な通行許可証の事を言います。

許可証を申請するためには通行する予定の都道府県の管轄の警察署などに届け出をします。ちなみにもしも同行者がいる場合には、その同行者の分の通行許可証も必要になるので十分注意が必要です。

運転免許がないから必要ないだろうと思ったら大間違いです。罰せられてしまうので必ず許可証を取得します。

複数の申請が必要になった場合には、行政書士などに依頼してまとめて申請をお願いしても良いでしょう。

まとめ

今回はセミトレーラーの寸法について、セミトレーラーに対しての法律改定前と後の寸法の違い、さらにセミトレーラーの種類や特殊車両通行許可についてをご紹介いたしました。

この記事がセミトレーラーについて知りたいという方のお役に立てれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • キャリアカーの車の積み方は?基本的なやり方やコツを紹介

    町中で複数の車を積んで運んでいる、長い...
  • エンジンオイルの油圧低下の症状は?オイルランプが点滅したときの対処法

    エンジンオイルの油圧が低下したかどうか...
  • トラック運転手の将来性について ~ 物流業界の過去・現在・未来の市場の傾向など

    トラック運転手の仕事がしたいけど、この...
  • トラック運転手の最低賃金はいくら?運転手/ドライバーは実際どれぐらいの給与?

    何かとブラックなイメージが付きまとうこ...
  • 道路交通法の重量制限と荷物のはみ出し、どんな許可が必要か?道路交通法と道路法の違いをご紹介

    道路を走行する車両には、高さ、幅、重量...