掲載をご希望の企業様はこちら

レッカー車が緊急走行するときはどんな時?緊急車両について知っておきたいことまとめ

レッカー車というと車を持って行ってしまうというイメージがありますが、レッカー車の中には緊急の時に現場に向かう際に緊急走行をする事ができる車両でもあります。

今回はレッカー車の緊急走行についてわかりやすくお話いたします。

緊急車両とは

緊急車両というと救急車をイメージするかもしれません。救急車も緊急車両ですが消防車やパトカーなども緊急車両です。

緊急車両の特徴としては回転灯(赤色)が付いていて、サイレンを鳴らしながら走行しなくてはならない決まりがあります。

救急車や消防車やパトカーといった車両なので、当然命に係わる緊急時に迅速に対応しなくてはならない車両なのですが、

中には電力会社など民間の車両もあるので赤色灯を付けてサイレンを鳴らしている車両が通る時には走行を邪魔しないよう気を付けましょう。

レッカー車の緊急走行

ここではレッカー車の緊急走行について簡単に説明いたします。

レッカー車が緊急走行するのはどんなとき?

レッカー車も緊急走行します。そんなに目撃する頻度は高くありませんが、どのような時に緊急走行するのかというと、

交通事故などで車両撤去をしなくてはならない場合などに、緊急車両としてサイレンを鳴らして走行します。

これは事故の状況によっては事故車両が道をふさいでしまう事があるからで、もしもそのまま動かせない状態だった場合、渋滞になってしまわないとも限らないからです。

だからレッカー車が緊急車両として走行するわけですね。火災の時なども同様に人の命がかかっているのでレッカー車で車両を移動させるための緊急出動するのです。

緊急走行中のレッカー車

レッカー車が緊急走行する場合には、パトカーや消防車そして救急車と同様に赤色灯を回転させて、サイレンも同時に鳴らして走行する事になります。

この場合「レッカー車だから大丈夫だろう」などと思ってはいけません。緊急車両で迅速に現場に行かなくてはならないので、決して走行を邪魔する事は許されません。

そのためレッカー車であったとしても道を譲ってやり過ごしてから安全を確認しながら走行するようにしましょう。

レッカー車を緊急車両に登録するには?

ここではレッカー車を緊急車両として登録するにはどうすれば良いのかについてを説明いたします。

公安委員会の書類審査

レッカー車を緊急車両にしたいなら赤色灯を付けてサイレンを点ければ良いというわけではありません。まずは公安員会に申請を行って書類審査をしていただかなくてはならないのです。

この審査に通って初めて緊急車両として登録されます。ちなみに「災害対策」「原子力災害対策」「国民保護措置」のために使う車両は事前届出の対象となります。

車検証を「公共応急作業車」に変更

レッカー車を緊急車両として登録するには、車検証に記載されている「レッカー車」から「公共応急作業者」という車体の形状に変更しなくてはなりません。

もちろんそのためにパトライトやサイレンを搭載する必要があります。これらの車体の変更を行って変更を行わなくてはなりません。

警察署に「緊急車両」登録を申請

考案委員会で書類審査に通って車検証を公共応急作業者に変更したら、今度は警察署に行って車両の確認をしてもらわなければなりません。

車検証のコピーをとって警察署に渡して車両の写真を撮影していただきます。

サイレンと赤色灯の取り付け場所や音の確認を行い、それが済んだら都道府県の公安委員会で交付された「緊急自動車指定証」が交付されます。

緊急車両の運転資格

緊急車両を運転するために必要な運転免許や資格ですが、まずは該当する車両を運転できる運転免許が必要になります。

まずは公安委員会の審査を受けますが、その時条件を満たしていれば問題なく運転する事ができるでしょう。

レッカー車の場合ですが、大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊免許のいずれかを通算3年以上(普通免許は2年以上)であれば問題ありません。牽引免許が必ずしも必要ではないので安心ですね。

緊急車両に出会ったら?

もしも緊急車両に出会ったらどうすれば良いでしょうか?答えは簡単です。レッカー車であったとしても緊急で出動しているのですから、速度を落として道路の端によけます。

道路が混雑している時には右車線を使って走行する事もあります。その場合にも道路端によって止まります。いつ緊急車両が来るかわからないので車内の音は低くしておくと良いですね。

まとめ

今回はレッカー車の緊急車両についてお話いたしました。レッカー車を緊急車両にする方法や、緊急車両が近づいてきたらどうすればいいのかなどについてもお話いたしました。

この記事がレッカー車の緊急走行について知りたい方の参考になれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • タンクローリーの大きさ/サイズってどれくらい?用途別で大きさが違う!

    タンクローリーはどの車両も同じ大きさに...
  • 牽引免許取得はコツをつかめば難しくない!牽引車の運転について解説!

    牽引免許の取得は難しいというイメージが...
  • トレーラーのバックの仕方は難しい?上達にはコツが必要なトレーラーのバック!

    けん引免許を取得しようと教習所に通って...
  • トレーラーの運転手は運転が上手くてかっこいい!高い運転技術が求められるトレーラーの運転

    トレーラー運転手は花形とも言われる人気...
  • 4tトラックの車両総重量は何t?最大積載量との関係についても解説

    4トントラックは多くの業種で活躍する需...