掲載をご希望の企業様はこちら

中卒者のためのハローワーク活用法 - 学歴で書類選考で落ちてしまう場合のハローワークの使い方

中卒だと正社員に就けないのではないか?そんな不安を持っている方もいらっしゃるでしょう。

今回は中卒でも正社員として働けるか?ハローワークを上手に活用して正社員になる方法をわかりやすくご説明していきましょう。

ハローワークとは

まずはハローワークとは何かについてを簡単に説明していきましょう。

ハローワークで何ができるか

今ではハローワークという名称が定着しているようですが、ハローワークと呼ばれる以前は「公共職業安定所」と言われていました。

これは現在も同じですが、仕事が欲しいという方と仕事をしてくれる人を探しているという企業をつなぐ役割を持つ国営の就職斡旋所です。

就職困難者を支援する役割を持っていますので、例えば就職に有利な資格の取得を支援したりもしています。

これらのサービスを活用する時には無料の事が多いですが、費用がかかっても補助や助成を使う事ができるため安く取得する事も可能なのです。

ハローワークに中卒の仕事はあるか

仕事の募集広告を見ると高卒以上だったり大卒以上だったりといった記載が多いですが、ハローワークで募集している仕事の中には中卒であっても問題なく働ける企業の情報を普通に扱っていますので、

中卒だからと不安になる事はありません。もちろんたくさん扱っている募集広告の全てで中卒でも就職ができるというわけではありませんが、

仕事を選ばなければ意外と働ける場所は多いですし、資格の取得も必要ないという就職先も結構多いので安心してお仕事を探せるでしょう。

中卒がハローワークを活用する方法

ここでは中卒の方がハローワークをどのように活用して就職先を決めているのかについてのポイントをご紹介いたします。

窓口に相談する

まずはハローワークに行って窓口に相談をしましょう。窓口は順番性なので自分の順番まで待って呼ばれたら相談できます。

この時、中卒だから恥ずかしいなんて思わない事!むしろ不利になるかもしれない事は最初に口に出すと良いでしょう。

遠慮せずやりたい仕事を窓口で伝えましょう。最初は年齢不問、学歴不問といった仕事の情報を集めて相談してみると良いですね。

受け身になっても良い事はありませんので積極的に相談していくと良い印象を持ってもらえます。

根気よく通う

ハローワークには毎日新しい情報が集まってきます。そのため1日だけ利用しても自分のやりたい仕事が見つからないかもしれません。できたら毎日相談しにいくくらいの気持ちがあっても良いですね。

それに毎日ハローワークに通っていると、ハローワークの方にも真面目に仕事を探しているというアピールにもなります。

そのアピールは就職先にも伝わる事も多いので、ハローワークの担当者に良いイメージを与える事は悪い事ではないのです。

気になる案件はプリントアウト

ハローワークを活用するのにとても便利なのはプリンターを活用できるという点です。

実は気に入った求人情報を見つけたらその場でプリントアウトをする事ができる仕組みになっているので、どんどんプリントアウトしておくと良いですね。

プリントアウトをした募集内容を改めてしっかりと見て、企業によってどのように待遇や仕事の内容が違うのかを比較できますし、窓口にプリントを持って行ってその企業や仕事についてをたずねてみるのも良いですね。

取得できそうな資格を探す

ハローワークでは就職活動をする時に少しでも有利になる資格の取得を推奨しています。

職業訓練という方法で学ぶ事も可能ですが、費用がかかる資格の取得をする事も可能です。もちろん費用は発生しますが補助や助成を活用すれば安く取得できます。

取得できる資格は【情報関係 39種類】【事務関係 23種類】【専門的サービス関係 26種類】【営業・販売・サービス関係 20種類】【社会福祉・保健衛生関係 43種類】【自動車免許・技能講習関係 20種類】【技術関係 24種類】【製造関係 2種類】です。

中卒におすすめの資格

ここでは中卒におすすめの資格についてをいくつかご紹介したいと思います。

調理師

調理師の免許は中卒であっても問題なく取得する事ができます。

レストランに就職したいと思っている方にとってもおすすめの資格ですが、将来的には自分のお店を経営して美味しい料理を皆に提供したいと思っている方におすすめです。

調理師のように食に関する資格の中にはパン製造や製菓衛生士などもありますので、併せて取得を検討してみると良いでしょう。

クリーニング師

クリーニング師は国家資格ではなくて県知事に承認してもらう資格です。

別にクリーニング店でアルバイトをするのならこの資格は必要ありませんが、クリーニング店を経営しようとした場合にはこの資格が必要になるのです。

年収も安定しているので長く経営を続けたいと考えている方にはおすすめの資格でしょう。

介護職員初任者研修試験

初任者研修試験はいわゆるヘルパーの資格の事です。ヘルパー2級が廃止された事でできた資格ですね。

介護や福祉関係の仕事に就く事ができるので、将来性は非常に高い資格だと言えるでしょう。合格率も非常に高いです。

ただし介護職員初任者研修試験というのは費用が高めなので、補助を受けられれば20%戻ってくるので助かります。

電気工事士

電気工事士も中卒で取得できる資格の一つです。この資格を取得している事によって住宅や店舗などの配電の仕事をしたり、コンセントを設置したりする事ができるのです。

仕事が安定してあるので収入も安定します。就職や転職にも非常に有利になる資格なので、中卒で資格を取得したいと思っている方に人気の高い資格となります。

中卒が利用できる公的就業支援

ここでは中卒の方が利用する事ができる公的職業支援についてをご紹介いたします。

わかものハローワーク

わかものハローワークとは中卒の方でも利用ができる就職斡旋のシステムです。将来は正社員として活躍したいと考えている方のための、様々な制度を採用している企業への就職を支援してくれるシステムです。

厚生労働省が運営していてわかものと言っても45歳までの方が利用することができます。

対象地域が全国という事や無料で利用する事ができるというのもメリットが大きいですので、上手に活用して正社員の道を見つけましょう。

ジョブカフェ

ジョブカフェも若い方に人気の就職情報を提供している施設ですね。わかものハローワークとの違いと言えば年齢層です。

ジョブカフェを活用している年齢層は15歳~34歳くらいまでの方が多いようです。その地域の特性を活かしたセミナーを行ったり職場体験を行っているだけではなく、

カウンセリングを行っていたり仕事に関する悩みの相談を受けつけていたりしていますが、メインとなるのはあくまでお仕事の紹介事業です。

地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーションは聞いた事が無いという方も多いかもしれませんが、『サポステ』という名称で親しまれている若者向けの就職情報提供施設です。

中卒の方の「仕事があるのだろうか?」という不安を解消してくれるサポートを受けられます。

地域に密着した活動をしていて、お仕事を紹介して無事に就職が決まった後でもサポートを受ける事ができるため、満足度が非常に高いのもサポステの特徴です。

無料で利用する事ができるのはどれも同じなのですが、不安を解消したい方におすすめです。

まとめ

今回はハローワークとは何か?中卒でも仕事を見つける事ができるのか?ハローワーク以外の若い方が利用できる就職情報サイトについてもご紹介いたしました。

この記事が中卒でも就職できる?と悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • キャリアカーの運転は難しい?キャリアカーの難しさを調査!

    キャリアカーの運転は難しいイメージがあ...
  • ダンプ運転手の仕事が楽という噂を検証!ダンプ運転手の仕事内容やメリット/デメリットを解説します!

    ダンプ運転手の仕事は楽に見えるかもしれ...
  • 大型トラックAT車の特徴とは?AT免許でも大型トラックの仕事は出来るのか

    最近では、大型トラックのAT車が増えて...
  • 運送業界特有の無事故手当とは?事故をしない場合に貰える手当はどのくらいが相場?

    ドライバーの給料には「無事故手当」と言...
  • ダンプの過積載にならない目安はどのくらい?重大事故につながる過積載

    過積載は大きな事故につながります。しか...