掲載をご希望の企業様はこちら

キャリアカーの寸法/サイズは?キャリアカーをレンタルするときの注意点

キャリアカーとは、車両を運搬するトラックのことです。レース場に車を運びたいときや、自走できない車をオークションで落札したときなどにキャリアカーが役立ちます。

決して珍しいトラックではないので、道路を走っているとき目にしたことのある方も少なくないでしょう。

キャリアカーはその性質上、どうしても業務用というイメージがつきまといます。しかし、実は個人でもレンタルすることができることはご存知でしょうか。

今回はキャリアカーの寸法やその見方、レンタルする際の注意点などをわかりやすく紹介していきます。

キャリアカーはレンタルできる

まずはキャリアカーについての基本的な知識を押さえておきましょう。

キャリアカーとは

キャリアカーとは車両運搬車とも呼ばれるとおり、自動車を運搬するための車です。自走できるはずの自動車をなぜキャリアカーに乗せる必要があるのかというと、自動車の価値を落とさないため。

自動車は走行距離に応じて価値が下落していくので、自走させると販売価格を下げなければならなくなってしまいます。それを防ぐためにキャリアカーで運搬するのです。

キャリアカーは販売車両の運搬のほか、レース車や展示車の運搬、ネットを通じて売買した車を移動させる際、また農機具や重機を運ぶ際などに使われます。

キャリアカーの種類

キャリアカーには大きく分けて3つの種類があります。まずは「ローダー」と呼ばれるタイプ。

これは積載台数が1台のキャリアカーのことで、小型のため普通免許でも運転できるのが特徴です。レンタカー店で借りることのできるキャリアカーは一般的にローダーが多いです。

次に「トレーラー」です。キャリアカー以外でも使われる言葉ですが、キャリアカーでトレーラーと言う場合は6台まで積載できるタイプのものを指します。

このタイプは道路交通法によってサイズが定められており、全長19メートルまでとされています。運転には大型免許とけん引免許が必要です。

最後に「単車」です。ローダーとトレーラーの中間、積載台数2~5台のキャリアカーのことです。運転するためには大型免許が必要です。

キャリアカーの寸法

キャリアカーの寸法とその見方について解説していきます。

キャリアカーの寸法の見方

キャリアカーはトラックを車両運搬用に改造することで作られているので、寸法の見方も基本的にはトラックのものと同一です。

たとえばローダーは2~3tの小型トラックをベースにしているので、寸法も小型トラックに準じます。

つまり全長4,700mm以内、全幅1,700mm以内、全高2,000mm以内、最大積載量3,000kg以内、車両総重量5,000kg以内です。

単車は中型~大型トラックをベースにしているため、全長12,000mm以内、全幅2,500mm以内、全高3,800mm以内、最大積載量6,500kg以上、車両総重量11,000kg以上ということになります。

トレーラーは先述のとおり全長19m以内。幅2.5m以下、高さ3.8m以下、最小回転半径12m以下となっています。

もっとも、一口にキャリアカーといってもメーカーや車種は多種多様です。特定商品の寸法を知りたい場合は、その車種の諸元表を参照するのがよいでしょう。

レンタルできるキャリアカーの寸法

一般的なレンタカー店で借りられるキャリアカーは、3~4トンをベースにした比較的小型のトラックであることが多いです。

たとえばいすゞの「エルフ」をベースにした3トンフラットのキャリアカーの場合は、全長7,610mm、全幅2,180mm、全高2,320mm、車両総重量7,235kg、最大積載量は2,750kgとなっています。

トレーラータイプのキャリアカーの寸法

一般的なレンタカー店では取り扱っていませんが、トレーラータイプのキャリアカーの寸法も参考までに確認しておきましょう。

セミトレーラーをベースとしたキャリアカーの連結全長は17mのものが多く、積載台数は6~8台となっています。フルトレーラータイプでは連結全長19mに達するものもあります。

キャリアカーをレンタルするときの注意点

キャリアカーをレンタルする際、どのような点に気をつければよいのでしょうか。判断基準となるポイントがいくつかありますので、確認してみましょう。

キャリアカーを運転するのに必要な免許

キャリアカーを運転するためには、当然ながら運転免許が必要となります。3.5トンの車両までなら普通免許で運転可能ですが、それ以上のサイズになると別途対応する免許が必要になってきます。

準中型免許を取得することで車両総重量7.5トン未満、最大積載量4.5トン未満、定員10名以下のキャリアカーを運転できるようになります。

中型免許ならば車両総重量11トン未満、最大積載量6.5トン未満、定員29名以下まで。大型免許ならば重量11t以上、積載量6.5t以上、定員30名以上のキャリアカーも運転できるようになります。

ただし、トレーラータイプのキャリアカーを運転する場合は、けん引免許も必要ですので注意しましょう。

取扱店舗を確認

キャリアカーは普通車よりもレンタル需要が少ないこともあって、レンタカー店でも店舗ごとではなく全店もしくは決められた複数の店舗間で在庫を共有しているケースがほとんどです。

したがって、予約の際には車両在庫の共有エリアを聞いておくとよいでしょう。

たとえばもしも関西エリアで在庫が共有されているのであれば、借りたい日付に在庫がない場合はエリア内の他店舗に連絡してもやはり在庫がないことになります。その場合は他社をあたったほうがよいでしょう。

3トン車以上は難しい?

レンタカー店によっては、3トンのキャリアカーの在庫がない場合もあります。

そのような店でも4トン車以上のキャリアカーを扱っている可能性はあるのですが、中型や大型のキャリアカーは個人では借りることができないケースも。

キャリアカーのレンタル料金

一般車の場合はレンタカー店によって大幅に料金が変わることは考えにくいのですが、キャリアカーはそもそも在庫が会社によってまちまちということもあり、値段が大きく変動します。

同じ24時間レンタルの場合でも、ある会社では約15,000円、別の会社では約25,000円といった価格設定が為されているため、気になる方は複数のレンタカー店にあたってみるとよいでしょう。

キャリアカーを運転するときの注意点

キャリアカーはその性質上、普通車とは運転感覚が異なります。注意すべき点をまとめましたので、参考にしてみてください。

自走できない車を運搬するには?

キャリアカーで運搬するのは自走できる車だけとは限りません。故障車など、自走できる状態にない車を積載することも考えられます。

自走できない車を積み込むときは、車を吊り上げるクレーンつきのキャリアカーを選ぶと便利です。

固定をしっかり

キャリアカーには車両を固定するためのフックが備わっています。フックをしっかりと活用し、車両が落ちないように固定しておきましょう。

もし走行中に荷崩れなど起こしてしまうと、荷物が荷物だけに大事故に繋がりかねません。

普通車との違いを意識する

キャリアカーは普通車よりも必然的に大型ですから、運転感覚はトラックを運転するときのそれに近いと言えます。死角の多さや内輪差などに注意して運転しましょう。

まとめ

キャリアカーの寸法とその見方について、基本的なところを把握していただけたのではないでしょうか。

小型のキャリアカーであれば個人でもレンタル可能ですので、入り用の際にはレンタカー店に連絡してみることをおすすめします。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • タンクローリーの構造はどうなっているの?タンクローリーの仕組みを徹底解剖!

    タンクローリーを運転している方にとって...
  • ドラム缶運搬のコツを知りたい!ドラム缶の転がし方・傾け方を身に着けるにはどうすればよいか

    ドラム缶は200kgの重さにもなること...
  • トレーラーのバックの仕方は難しい?上達にはコツが必要なトレーラーのバック!

    けん引免許を取得しようと教習所に通って...
  • 玉掛けの吊り方解説!玉掛けを行う上で注意したいポイントと玉掛け不良の懸念点

    クレーン作業で必ず必要になるのが玉掛け...
  • 大型トラックのクラッチ調整のやり方とは?クラッチ調整が必要なケースと理由について

    大型トラックはマニュアル車が多くを占め...