掲載をご希望の企業様はこちら

フォークリフトの免許を紛失!再発行はできる?手続き方法と手順とは?

実は多いフォークリフト免許の紛失。そんなフォークリフトの免許は再発行が可能になっています。そこで今回は、フォークリフト免許の再発行手続きについて詳しくご紹介していきたいと思います。

紛失の多いフォークリフトの免許

運転技能講習を修了して修了証を手にしていたはずなのに、フォークリフトの実務に就かなかったり、就いていても提出の機会がなかったりで、修了証をうっかり紛失してしまう人もけっこう多いという話を耳にします。

フォークリフトの運転技能講習修了証は、自動車の運転免許と違って更新がないため、確認する機会が少ないのも紛失してしまう原因のひとつです。

けれど最近は修了証を確認する納品先も増えているし、そもそも本来は、フォークリフトを運転する際は常に携帯していなければならないもの。

「失くしたから」といって、不携帯のまま運転していていいものではありません。では、フォークリフト運転技能講習修了証を紛失してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

フォークリフトの免許は再発行が可能

万が一フォークリフト運転技能講習修了証を紛失してしまったときは、再発行してもらうことができますのでご安心ください。

基本的には受講した機関に紛失した旨を伝えて再発行の手続きをします。受講機関に連絡して、どのような手続きをすればいいかを確認しましょう。

どこで受講したかわからない場合は、一緒に受講した同僚などが持っている修了証で確認させてもらう方法があります。

どうしてもわからない場合、技能講習修了証明書発行事務局に資格照会(情報開示請求)を行うことでわかる場合もあります。

受講機関がすでに教習を廃止している等の理由で再発行ができない場合は、先述した技能講習修了証明書発行事務局で再発行の手続きを行います。

【技能講習修了証明書発行事務局】https://anzeninfo.mhlw.go.jp/gino/

再発行の方法は2つ

窓口で再発行

技能講習修了証明書発行事務局で再発行を受ける場合は、窓口で申請することができます。受講機関での再発行については、その受講機関によりますが、窓口での対応をしているところもあります。

申請書に必要事項を記入して、必要書類と手数料などを添えて申請することになります。

証明書発行事務局での窓口申請は、書類の不備などがなく、ひとつにまとめる他の技能講習資格の確認作業などがなければ、基本的には即日発行されます。

受講機関への申し込みの場合は即日ではなく、発行は郵送となる場合もあります。あらかじめ確認しておきましょう。

郵送で再発行

受講機関、証明書発行事務局どちらも郵送での再発行に対応しています。申請に必要な書類を確認したら、返信先を明記した返信用封筒に簡易書留料金分(2019年10月現在404円)の切手を貼って同封します。

手数料を銀行振込としている機関に申請する場合は、必要書類をすべて郵送した上で手数料を振り込むことになりますが、現金で受け付けている機関の場合は、必要書類をすべて同封した現金書留で送金することになります。

再発行手続きに必要なものは?

申請書類

再交付の申請書も、機関によって書式があります。問い合わせの際にどこで入手できるかを確認しておきましょう。

どこの機関でもインターネットによるダウンロードに対応しているのが一般的です。不備がある場合は手続きができませんので、記入事項は必ず事前に確認しておきましょう。

申請用写真

写真のサイズも機関によって異なります。証明書発行事務局では縦4.5cm×横3.5cmですが、他の受講機関では縦3.0cm×横2.4cmが一般的です。

サングラス着用の写真は無効となるため、度付きのサングラスを普段から使用している人は外して撮影しましょう。

身分証明書

公的証明書となる本人確認書類が必要です。運転免許証、健康保険証、在留カードなどのコピーか、

戸籍抄本やマイナンバーが記載されていない住民票の原本などの書類が該当しますが、わからないときは申請する機関に確認しましょう。

なお、マイナンバーの通知カードは本人確認書類にはならないので注意が必要です。

再発行にかかる費用について

再発行には手数料がかかりますが、機関によって違います。目安としてはだいたい1,000円~3,000円程度となっており、受講機関での再発行しかできないため、安いところを探して申請するわけにはいきません。

証明書発行事務局で申請する場合は2019年10月現在で1,500円となっています。

この他に現金書留で郵送するならその代金が、銀行振込なら振込手数料がかかります。また、証明写真の費用や返信用封筒の切手代もかかるので、合計2,000円~4,000円ほどの費用がかかると考えておきましょう。

紛失に気づいたら直ぐに手続きを!

最初にお話ししましたが、フォークリフト運転業務に従事する際は、フォークリフト技能講習修了証を常に携帯する義務があります。

近頃は物流センターなどでフォークリフトを使用する際、修了証の提示を求めるところも増えています。フォークリフトの貸し出しの際に、修了証の番号記載を義務付けているところもあります。

抜き打ちで検査をされたときに、実は不携帯のままでフォークリフトに乗っていたことが判明すれば、最悪の場合は出入り禁止になってしまうなんていうこともあるかもしれません。

紛失に気づいたら後回しにせず、すぐに再発行の手続きを取りましょう。再発行後は運転免許証と一緒に保管しておけば、うっかり紛失するリスクが減らせますよ。

まとめ

トラック運転手にとって運転免許証は命といえるもの。同じようにフォークリフトを運転する人にとっては、フォークリフト技能講習修了証も命なのです。

紛失に気づいたら、後回しにせずすぐに再発行手続きを取りましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 大型トラックの乗り心地は良い?悪い?乗り心地を改善するためのエアサスやキャブサスとは

    走行中の大型トラックが段差などで大きく...
  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • 大型トラック整備の仕事がきついといわれるリアルな理由4選!ニーズと将来性は?

    大型トラックの整備士の仕事は細かく分類...
  • 運送業の平均ボーナス額はどれくらい?年代別、会社の規模別に紹介!

    運送業への就職を考える際に気になること...
  • ミキサー車の仕組み/構造とドラムの操作方法 - 転職希望者に役立つ業界用語の説明も

    ミキサー車は、コンクリート工場から生コ...