掲載をご希望の企業様はこちら

バルク車とは?バルク車の構造や特徴、積荷についてわかりやすく解説します

これからトラックドライバーを目指そうという方や、すでに運送会社で働いている人で転職を考えている方など、特殊車両が気になっている人もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、あまり見る機会が少ない特殊車両の一つ、バルク車の特徴や構造、必要な免許について紹介したいと思います。

バルク車の特徴と構造

バルク車とは

バルク車は特殊車両の一つで粉粒体を運搬する車両です。正式には粉粒体運搬車という名前がつけられています。

バルク車というとその見た目がタンクローリーとよく似ている事から勘違いされがちですが、その用途は大きく違います。

タンクローリーはあくまでも水やガソリンなどの液体を運ぶ車両で、バルク車は石灰や炭酸カルシウム、飼料などの粉粒体を運ぶ車両になります。

その形状は使用用途により様々で飼料運搬車やセミトレーラータイプなどもあります。

バルク車の構造

バルク車はタンク上部にマンホール兼投入口があり、タンクの底部は三角になっています。

タンク上部の投入口から投入した粉粒体は、荷物をおろす際は工場の設備、またはバルク車搭載のエアーコンプレッサーやブロワーなどで、供給される圧縮空気と混合されて流動化状態になっていきます。

流動化することにより、長距離での搬送や高所での排出が可能になります。こういった構造からプロパンガスを専門で運ぶバルク車も多くプロパンガス専用のバルクローリーといった車両も多く存在します。

バルク車の積荷

バルク車は粉粒体の運搬に使用される特殊用途自動車であり、その積荷も様々なものはあります。

もちろん運ぶ粉粒体によって車両の形状、種類も違ってきますが、バルク車が運ぶものとして、

  • バラセメント
  • 炭酸カルシウム
  • 石灰

などの鉱産物

  • ポリ塩化ビニル
  • ポリプロピレン
  • ポリスチレンポリカーボネート

などの樹脂ペレットなどがあります。また一般に馴染み深い、小麦粉やグラニュー糖などの食品系の粉粒体養鶏、養豚などに使われる飼料などもあります。

バルク車のさまざまな名称

バラ車・ジェットパック

バルク車はその形状や運ぶ粉粒体によって、さまざまな名称で呼ばれています。

バラセメント(粉状のセメント)を運ぶバルク車の事はバラ車と呼ばれていますし、セメントを運ぶ車両で、極東開発工業株式会社が販売しているバルク車はジェットパックの名称で呼ばれています。

これはセメントを運ぶ業界で多く使われているため、このような名前で呼ばれています。

バルクローリー

LPガスを運ぶバルク車のことを業界ではバルクローリーの名称で呼んでいます。

LPのガス配送方法は

  • シリンダー
  • バルク
  • ローリー

とおおまかに3種類あります。一般家庭にはガスボンベを用いたシリンダー方式が馴染み深いと思います。

バルク容器そのものを運搬して取り替えるのがバルク配送、バルクローリーという車両で工場などの施設のバルク容器に直接充填するのがローリー配送になります。

エア車

バルク車は積載物の排出方法によっていくつかのタイプに分類することができます。

その中で、エア、すなわち空気を使って、粉粒体を排出する車両にエアースライド式エアレーションブロー式がありますが、どちらの方式のバルク車もコンプレッサーを使う事からエア車の名称で呼ばれています。

バルク車の種類

エアスライド式

エアスライド式のタンクは横から見ると二等辺三角形の頂点が下を向いた形(横置き傾斜胴)になっています。逆三角形のような形です。

タンク内部の底面に布が貼られており、ここから空気を吹き出して粉粒体を流動化させると共に、タンクの圧力を上げます。

流動化した粉粒体はタンクの傾斜に沿って頂点付近に集まりエアの圧力によって排出されるというわけです。

空気によって粉粒体を流動化させて排出する機構がエアスライド式ということになります。

エアレーションブロー式

エアレーションブロー式は傾斜胴タンクを組み合わせた構造(ホッパー型タンク)になっていて、エアスライド式の傾斜胴タンクよりも傾斜が大きく取られています。

積載物はタンクの傾斜によってセラー式排出口といわれる部分に集まります。

そしてセラー式排出口に集まった粉粒体をタンクの傾斜によって重力落下させ、空気圧によって排出する方式がエアレーションブロー式になります。

主にセメントや石灰、飼料など粗粒子の排出に利用されます。

セミトレーラー

セミトレーラーはバルク車の中でも比較的多く見かけるバルク車になります。特徴としてはトラクターにより牽引されるセミトレーラー式を採用することで一度に大量の粉粒体を積載することができます

注意点は牽引免許が必要な事と他の方式より運転が難しい点が挙げられます。

ダンプ

ダンプ式のバルク車は他のタイプと違い、後部ハッチの開閉が可能になっていて、掃除がしやすいのが特徴になっています。

また、他のバルク車と違い、荷台の部分がダンプ構造になっているのでダンプ機能の操作が必要になりますが、傾斜することで運搬物を降ろすことができるのでタンク内の粉粒体の残量を少なくすることができます。

また排出用バルブも一箇所になるので、利便性が高いのも特徴になります。ただしその操作には熟練のテクニックと慣れが必要で、粉粒体の排出も細かな調整を行う操作が必要になります。

飼料運搬車

バルク車が多く活躍しているのが、飼料の運搬になります。バルク車が運ぶ飼料は、主に農家など牛や鳥、豚といった家畜用の餌であることが多いです。

飼料運搬のバルク車も基本的な構造は先述したバルク車の構造と変わりはありません。

タンクが荷台になっており内部がいくつかの空間に分かれています。多種多様な飼料を一度に運搬する事ができる構造になっています。排出時にはエアーコンプレッサーで排出するので、流動化した飼料が勢いよく噴出する構造になっています。

バルク車を運転するために必要な資格

運転免許

バルク車を運搬するのに何か特別な資格がいるのかというと、そんな事はなく、ほとんどの場合運転免許があれば大丈夫です。

ですが、小型トラックのバルク車はとても少ないため、やはりこの業界でやっていくなら大型免許は持っておいたほうが良いでしょう。

また、セミトレーラータイプのバルク車に乗るならけん引免許が必要になります。バルク車の仕事にどうしても必要なわけではありませんが、あれば仕事の幅が一層広がります。

プロパンガス配送に関わる資格

プロパンガスの配送には特別な免許が必要になります。まず一つは高圧ガス移動監視者の資格になります。質量3,000kg以上のLPガスを配送する場合に必要になります。

そしてもう一つは充填作業者の資格になります。この資格はLPガスのバルク供給設備への充填作業を行いたい場合に必要になります。

充填作業者講習終了後は、液化石油ガス法施行規則第74条第2項及び第3項に定める期間ごとに講習を受ける必要があります。

プロパンガス配送の仕事に就きたいのであればこの二つの資格は必須になります。

まとめ

ここまでの記事では一般的には馴染みのないバルク者の構造や特徴、その積荷について解説してきました。

バルク車の仕事は身体への負担が少なく、安心して長く続けられるおすすめな仕事です。

この記事を呼んでいただきこの業界への関心を深めてもらえれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • トラック運転手の1日の流れはどんな感じ?大型トラック(長距離・短距離)運転手の1日の仕事を紹介!

    アマゾンや楽天などインターネットショッ...
  • フォークリフトの高さをマスト・大きさ別に徹底解説!高さ制限の作業時にはお気をつけを

    倉庫や工場の現場では、手で持てないよう...
  • 白ナンバーダンプは違法じゃないの?白ナンバーと緑ナンバーの違いをご紹介!

    白ナンバーのダンプをよく見ることがあり...
  • 【転職検討者必見】ルート配送の仕事内容は?業界別の具体的業務を紹介

    車にはミッションとオートマチックがあり...
  • no image

    チップ車の荷卸しはどうしてるの?気になる積み降ろし作業について紹介!

    チップ車はチップの積み降ろしに特徴があ...