掲載をご希望の企業様はこちら

ケミカルローリーを運転するのに必要な資格/免許は?危険物乙種について解説

ケミカルローリーのドライバーは人気があり、需要もあるので、安定して稼ぐ事ができる仕事です。

ケミカルローリーは化学物質を運ぶタンクローリーの一種ですが、運転するのに必要な資格や輸送できるものについて詳しく解説していきます。

ケミカルローリーの積載物

化学薬品を運ぶローリー

ケミカルローリーはタンクローリーの一種になります。タンクローリーのトラックで代表的なものは石油タンクローリーが挙げられますが、ケミカルローリーで運ぶものは化学品になります。

具体的に何を運ぶかは会社によって違ってきますので、一概には言えませんがケミカルローリーは総じて化学品などの劇薬、危険物を運んでいるという事になります。

主に運んでいるものは、洗剤の原料や化粧品、プラスチック製品の原料などです。基本的には燃料以外の化学品を運ぶのがケミカルローリーであると認識して頂いて間違いありません。

ケミカルローリーの構造

ケミカルローリーの構造は石油タンクローリーと同様でタンク内部には区切り(一般的に室と呼ばれている)があり、一室が4,000L以下になるように間仕切りがされています。

これは30tにもなる液体を1つのタンクに載せた状態で運転すると加速時やブレーキ時にタンクの内部で30tもの液体が激しく移動する事を防ぐためのもので、4,000L以下に抑えられた一室内にも揺れを抑えるために防波板が設けられています。

ケミカルローリーを運転するために必要な資格

運転免許

ケミカルローリーを運転するには、まずは運転するトラックの大きさに応じた運転免許が必要になります。

ただケミカルローリーのトラックは普通車のサイズのものはほとんどないため、ケミカルローリーの仕事をやっていこうと思うのなら、最低でも中型免許、基本的には大型免許があるに越した事はありません。

牽引免許

ケミカルローリーのトラックにはトレーラータイプのタンクローリーも多く走っています。そういったトレーラータイプのケミカルローリーに乗りたいのなら、けん引免許を取得する必要があります。

トレーラータイプのケミカルローリーは全長が長く、より高度な運転技術が必要なため、給料も高く設定されている会社が多いです。

危険物取扱免許

ケミカルローリーのドライバーの大半は(というよりおそらく全員)は、危険物取扱免許を持っています。なぜなら、危険物取扱者の資格を取得すれば、危険物の取り扱い、立ち会い、保安点検ができます

ドライバーがその資格を取得していれば、運転と危険物の取り扱い、立ち会い、保安点検をドライバー一人で行う事ができ効率が良いためです。

詳細は求人をチェック

ケミカルローリーを扱っている会社がどういった化学品を扱っているかは、その会社によってさまざまです。

また、

  • 扱っているトラックの大きさ
  • 必要な危険物の資格の種類
  • けん引免許が必要か

などは、会社によって多種多様です。ですからその詳細については希望する会社に問い合わせるのが良いでしょう。

危険物取扱免許について

甲・乙・丙の3種類

危険物の資格には、甲種・丙種・乙種の3種類があります。ここではそれぞれの資格が取り扱える危険物の種類について紹介します。

  • 甲種・・・全種類の危険物
  • 丙種・・・ガソリン・灯油・重油など
  • 乙種・・・第一類〜第6類ごとに指定されている危険物

さらに、乙種は第1類〜第6類まであり、それぞれの類で扱える危険物については次の章で紹介します。

危険物取扱免許乙種

乙種は1種から6種まであり、それぞれ扱える品目が違います。

  • 第1類・・・塩素酸塩素・過塩素酸塩類・過マンガン酸塩類・よう素酸塩類などの酸化性固体
  • 第2類・・・硫化りん・赤りん・硫黄・鉄粉・マグネシウムなどの可燃性固体
  • 第3類・・・カリウム・ナトリウム・黄りんなどの自然発火性物質および禁水性物質
  • 第4類・・・ガソリン・アルコール類・灯油・軽油・重油・動植物油類などの引火性液体
  • 第5類・・・有機過酸化物・硝酸エステル類・ニトロ化合物などの自己反応性物質
  • 第6類・・・過塩素酸・過酸化水素・硝酸などの酸化性液体

求人サイトを見る感じでは、乙4を必要とする会社が多く、乙6を持っていると有利、といった感じです。

まとめ

ここまではケミカルローリーとはどういった車両なのか、また運転するのに必要な資格や免許について解説してきました。

タンクローリー系の仕事は普通のトラックドライバーと違い、肉体労働ではないため体力に自信のない方や女性にもオススメできる職種になります。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • トラック運転手の最低賃金はいくら?運転手/ドライバーは実際どれぐらいの給与?

    何かとブラックなイメージが付きまとうこ...
  • 運送会社の残業時間はなぜ長いのか・ドライバーの残業時間はどう決まる?

    労働基準法などの法律によって、労働者の...
  • トラックの死角とは - 死角を少なくし安全運転を徹底するための工夫と訓練

    トラックは車体が大きくて長いために普通...
  • 国内メーカー運転支援システム徹底比較!各社システムの特徴をご紹介!

    運転支援システムとは、事故の被害を軽減...
  • ダンプの過積載にならない目安はどのくらい?重大事故につながる過積載

    過積載は大きな事故につながります。しか...