掲載をご希望の企業様はこちら

トラックのエアサスは使い方次第でこんなに楽に!エアサスとは?

今のトラックはエアサスで様々な制御を行っています。ショックを軽減して荷物を守ったり、ドライバーが快適にドライブができるようになっています。

でもせっかくのエアサスなのに使い方がわからないという方もいるかもしれません。今回はトラックのエアサスの使い方をお話いたします。

そもそもトラックのエアサスってどんな装備?

エアサスとはエアーサスペンションの略です。

普通はサスペンションと言えば鉄の板を重ねたタイプのものを使いますが、トラックの場合は鉄の板を重ねたリーフサスではなく、エアー(空気)を使ったサスペンションを採用する例が増加しています。

エアサスペンションの構造を簡単に説明すると、空気を充填できるゴム製のボールのようなものが付いています。

このゴム製のボールの中に空気を充填したり減らしたりする事ができる仕組みになっています。衝撃を和らげ輸送する荷物を守ります

もちろんドライバーの居住空間を快適にする事にも使われます。例えば運転中の衝撃を軽減したり寝台スペースの衝撃を和らげる事にも使われます。

トラックではありませんが観光バスなど衝撃をできるだけ抑えたい大型の車両に使われています。

トラックのエアサスで出来ること

ここではトラックのエアサスでできるトラックでの作業中できる事をわかりやすくご説明いたします。

ホームとの高さ合わせ

トラックは輸送する荷物を積み込みする時や積んでいた荷物を下ろす時は色々な場所で行いますが、例えばプラットフォームなどにつけて積み下ろしする時などにはエアサスを調節して荷台の高さを合わせる事ができます

プラットホームとの段差が無くなればスムーズに荷物の積み下ろしができますし、プラットホームじゃない場合でもできる限り下げる事ができるので、作業の効率もアップしますし、運転手や積み込みをお手伝いしてくれる方の身体への負担を軽減する事ができます。

実際にエアサスを使ってみると、いかにエアサスが素晴らしいものなのかを改めて実感する事ができるでしょう。

積み降ろしの高さ調整

大型のトラックの場合は手積みで積み込みをする事はありませんが、フォークリフトを使うにしても危険のない最適な高さに微調整する事ができるので、エアサスのあるトラックだとやはり作業効率や安全性が高くなります。

また荷物の積み下ろしをする場所に勾配がついている事も多いですが、エアサスを搭載している事で勾配があっても、微調整を行って水平にする事ができるため、荷物を積み込みしたりする時に非常に楽に作業を行う事ができます。

特に下に車輪のついたゲージを積み込みする時には、車体が斜めになっていると作業に危険が伴うので、エアサスがあると安全に作業をする事ができるのです。

トラックのエアサスの使い方の手順

ここではトラックのエアサスの使い方がいまいちわからないという方のために、エアサスの使い方の手順をご紹介いたします。

サイドブレーキを引く

まず注意しなくてはならないのはトラックのサイドブレーキをしっかりと引く事です。なぜなのかというとトラックの中にはサイドブレーキを引いておかないと、エアサスの調節ができないものもあるからなのです。

だからどちらでも正しくエアサスを使う事ができるよう、エアサスの調節を行うためにはサイドブレーキをしっかりと引いておきましょう。

エアサススイッチをオン

次にエアサスを使うためには、操作リモコンの昇降装置のボタンをオンにする必要があります。これをしないとエアサスを調節する事はできません。

スイッチを入れるとコントローラーのランプが点灯するので確認しましょう。

ランプの点灯が確認できたら前輪と後輪のそれぞれを上下に調節していきます。一般的にエアサスは前輪と後輪それぞれを調節する事ができます

車高調整ボタンで調整

エアサスを使って車高調整を行うためにはリモコンについているボタンをチェックしましょう。前輪と後輪それぞれに対応したボタンが付いているはずです。

微妙な調整ができるので用途やプラットフォームに合わせて調節していきます。

積み込みや荷下ろしが終わったら、やはりスイッチを使って元の状態に戻さなくてはなりませんが、戻す時には元の車高に戻すボタンを押しましょう。

エアサスボタンをオフ

エアサスで微妙に高さの調整を行った後は、そのままで走行するのではなく元の高さへと戻してから走行しますよね。そこでまたエアサスのリモコンを使って元の高さに戻していかなくてはなりません。

高さを基に戻すためには調節ボタンで上げ下げするのではなく、リモコンの元に戻すというボタンがあるのでそのボタンを押して元の位置に戻します。

エアサス使用でどう変わる?

ここではエアサスを使う事によってどんな風に変わるのかについてを簡単に説明いたします。

運転が快適に!

トラックには重たい荷物を積んで輸送します。重い荷物をたくさん積み込むと車高がどうしても下がってしまいますよね。

その状態で走行すると道路の衝撃をまともに受けてしまい、荷物を破損したりドライバーの健康維持も大変です。

実際にエアサスを採用していない昔のトラックドライバーは、重い荷物を積み込んで何往復もするので衝撃と負担が身体にかかってしまい、腰痛が酷くなってしまう事もとても多かったようなので、トラックドライバーは若いうちだなんてよく言っていたようなのです。

一方でエアサスを使うと積んだ荷物が重くても、エアで調節ができるので道路からの衝撃を吸収してくれるので、運転手の腰痛を軽減してドライバーとしての寿命も長くなりました。

荷崩れしにくい!

エアサスが無いトラックで荷物を輸送する時によく使う板バネは、一応衝撃を吸収するという名目で使われています。

もちろん衝撃を吸収する事は可能ですが大きな衝撃を吸収する事は難しいため、運転によっては荷崩れを起こしてしまいます。

荷崩れを経験された方は誰でも『荷崩れするとやる気がなくなる』という思いが頭をよぎるでしょう。

ところがエアサスを使うと衝撃を吸収するだけではなく水平な上体を保つ事ができるので、荷崩れする事なく荷物の輸送を行う事ができるのです。

ただし運転手の走り方や通る道路の状況も強く関係するので、全く荷崩れしないとは言えませんが各段に荷崩れしにくくなるのは事実です。

トレーラーには必須のエアサス仕様!

エアサスはトラックだけではなくトレーラーにも使われています。乗り心地の快適性を高めるだけではなく、実はトレーラーヘッドとトレーラーを連結する時にも大変役立つものなのです。

トレーラーの運転手が実際に昔と今では簡単で楽になったと答えるくらいです。

どういう事かというと、例えばトレーラーヘッドとトレーラーを連結する時に、エアサスを使ってトレーラーの連結部分に合った高さの調節をする事ができるので、連結をスムーズに行う事ができるのです。

エアサスが無い時には連結がスムーズにいかず苦労する事もあったようです。このようにエアサスはトラックだけではなく、トレーラーなど多くの車両に採用されています。

それによってこれまでは時間がかかったり荷崩れを起こしたり、ドライバー自身の体調を損なわないためなどにも使われています。

エアサス仕様車増加中!

これだけ便利な時代になった現代でも物流の9割がトラックを使って輸送されています。他の輸送システムにはない柔軟な対応ができるからかもしれません。

物流の主流だからこそ輸送する荷物を守り運転手を守る必要があるのです。エアサスが登場してからは荷物の破損も荷崩れの軽減もできるようになり、ドライバーの健康に配慮する事も可能となりました。

しかも積み下ろしする時の効率化の実績もあるので、どんどん今後もエアサス仕様車は増えてきます。

これまではエアサス仕様車は高いイメージがありましたが、標準化しつつあるので価格を気にする事も少なくなるでしょう。

特に大型車はエアサスの必要性が高くなっているので、今後もエアサス仕様車が増え続けるのは当然の事かもしれません。

まとめ

今回はトラックのエアサスの使い方がいまいちわからないという方のために、エアサスをどうやって使うのかについてや、エアサスのメリットそして将来性についてをご紹介いたしました。この記事がトラックのエアサスの使い方がわからないという方の参考になれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 軽トラの荷台寸法/サイズをメーカー別にご紹介!軽トラの積載量や荷物の高さ制限についても解説します!

    軽トラにはどれくらいの荷物が積めるので...
  • 運送会社の退職金の相場はどのくらい?業種別トラックドライバーの退職金

    民間企業には退職金と呼ばれる制度があり...
  • トラック運転手の睡眠時間どれくらいが平均?事故の原因になるため、しっかりと睡眠を!

    大型トラックと言えば長距離運転というイ...
  • トラック運転手の仕事は年齢制限がある?平均年齢や定年についても解説!

    会社員の多くは就業規則があり、定年が定...
  • ケミカルローリーを運転するのに必要な資格/免許は?危険物乙種について解説

    ケミカルローリーのドライバーは人気があ...