掲載をご希望の企業様はこちら

大型トラックで独立するために必要な資格や能力とは?法律や資金についても解説!

大型トラックの運転手として働いている方であれば、自分のトラックを持って独立したいと一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

しかし、いざ真剣に独立しようと思い立ったとき、どのような方法で手続きを踏めばいいのかよくわからないという方も少なくありません。

そこで今回は、大型トラックでの独立の方法や関係する法令にについて詳しく紹介していきたいと思います。

大型トラックの需要は高い!

そもそも、独立してやっていけるのかどうかが不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。独立するということは、それまで所属していた会社の看板が使えなくなるということ。

「○○運送のドライバー」ではなくドライバー個人、もしくは自分で新しく設立した法人の名前で営業しなければならないわけで、仕事を取ってくること自体にハードルが存在します。

しかし結論を言えば、大型トラックに関する限り、さほど心配は要りません。というのも、大型トラックの需要は年々高まっているためです。この背景には、運送業界における深刻な人手不足が関係しています。

現在の運送業界ではドライバーが不足しているため、一度に運べる荷物の量を増やす施策が試みられており、その一環として輸送トラックの大型化が進んでいるのです。

独立方法について

大型トラックの需要に関する不安が解消されたところで、独立の方法について具体的に考えていくことにしましょう。

トラックを持ち込んで独立

大型トラックの運転手として独立するには大きく分けて2種類の方法があります。まず、トラック持ち込みで仕事をするやり方。

トラック持ち込みという表現にピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、これは要するに会社所属のドライバーになるのではなく、個人でトラックを所有して自営業者としてドライバー業を営むという道です。

個人事業主として開業すると言えばわかりやすいでしょう。

トラック持ち込みは「個人事業主として運送会社から業務委託・請負・専属契約などの形で仕事を受注する」という形式ですから、仕事内容は運送会社のドライバーと変わりません。

大型トラックの場合だと長距離輸送が中心になるでしょう。

法人として独立

第二に、法人として独立するやり方。いわゆる起業ですね。単純にトラック運転手として働くよりも規模の大きなビジネスがしたいのであれば、個人事業を開業するよりも法人を立ち上げるのがオススメです。

一般に法人は個人よりも信用力がありますから、受注できる仕事の幅も広くなります。

また、それまで個人事業主として事業を営んでいた場合でも、事業規模がある程度以上大きくなってくると税金や社会保険料といった面で法人化にメリットが出てきます。

トラックを持ち込んだ場合のメリットとデメリット

トラック持ち込みのメリットとしては、初期費用が安く済む点が挙げられます。

もちろんトラックの購入費や運送営業許可を得るための費用は必要なので一定の資金は用意しなければならないのですが、個人事業を開業するための手続きそのものには料金がかかりません。

一方で会社を設立するためには16万~20万円ほどの費用が必要とされるため、トラック持ち込みのほうが相対的に安いわけです。デメリットは、節税が難しい点。

売上が伸びれば伸びるほど所得税を多く支払う必要が出てくるのですが、個人事業主だと節税の手段が限られてきます。このため、トラック持ち込みでは売上を伸ばしても実質的な増益に繋がるとは限らないのです。

法人のメリットとデメリット

法人化のメリットは、先も少し触れたように信用力が高い点。一般的に会社のほうが自営業よりも信用を得られやすいですよね。

そのため、法人設立のほうがトラック持ち込みよりも受けられる仕事の幅が広いのです。相手にしてくれる荷主も多くなりますし、個人の手に余る仕事であっても会社の規模しだいでは対応できるでしょう。

また、節税の手段が多いことも見逃せません。個人事業主の払う所得税は累進課税なので売上が増えるほど税額も増えていくのですが、法人の場合は法人税、法人住民税、法人事業税を合わせた実効税率での支払いとなるため、

一定以上の所得になると法人のほうが税金が安くなるのです。年間800万~1,000万円以上の売上をコンスタントに出せるのであれば法人化したほうがよい、と言われるのはこのためです。

ただし、法人化には会計処理が複雑になるというデメリットもあります。法人の会計は専門知識のない個人ではまず手に負えませんので、税理士に依頼する必要が出てきます。

法人として独立するために必要なこと

法人を設立するためには所定の手続きを踏まなければなりません。事前に準備しなければいけないものもありますので、しっかりと確認しておきましょう。

一般貨物自動車運送事業の許可

大型トラックの仕事で法人化するということは、すなわち運送会社を創業するということです。貨物運送事業法の規定により、運送会社をつくるためには「一般貨物自動車運送事業」の許可を得なければなりません。

一般貨物自動車運送事業の許可取得条件

一般貨物自動車運送事業の許可を得るためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

開業資金

まず要求されるのは開業資金です。

一般貨物自動車運送事業の許可を得るには、「車両費」「建物費」「土地代」「保険料」「各種税金」「運転資金」を合算し、所要資金としてあらかじめ確保しなければなりません。

少なくとも1,000万円以上の初期費用が必要であると覚えておきましょう。

事務所と車庫

運送事業を営むためには事務所と駐車場が必要です。起業の際に建物費や土地代がかかるのはこのためで、制度上もこれらが揃っていなければ営業の許可を受けることはできません。

また、ドライバーが休憩や睡眠をとれる施設も1人あたり2.5平方メートル以上という条件で用意しなければなりません。

事業車両

運送会社として営業するのですから、当然トラックが必要ですよね。一般貨物自動車運送事業の許可を得るためにはトラックを5台以上所有している必要があると定められています。

運転手と運行管理者

トラックを動かすためには運転手がいなければなりません。また、その運転手を管理する運行管理者も必要となります。

運転手はトラックの数と同じだけ必要ですから、最低でも5名。ドライバー5名の営業所に必要とされる運行管理者は1名なので、合計6名以上の人員が絶対条件ということになります。

なお、社長自らドライバーや運行管理者を兼任するのは問題ありません。

独立には安定した荷物を持った荷主がいることが大切

個人事業主としてトラック持ち込みで働くのであれ、運送会社を新たに設立するのであれ、大型トラックで独立しようと思ったら安定して仕事をくれる荷主が必須です。

募集を探したり営業をかけたりといった努力は怠らないようにしましょう。

まとめ

どんな職種であれ独立するハードルは高いものですが、運送業界においては需要そのものは多いため、しっかりと準備さえしておけば独立後も充分にやっていくことが可能です。

メリットとデメリットを把握して、自分に合ったやり方での独立を考えましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • トラック運転手の服装はどういうのが良い?面接/仕事などタイミングごとにベストな服装とは

    トラック運転手に転職を考えている人や興...
  • 牽引免許取得は難しい?需要が高まる牽引免許の取得方法や難易度を解説!

    持っていると得をするとよく言われている...
  • 軽トラの荷台に人を乗せるのはOK?NG?引越し助手が3人以上必要な場合などの荷台に乗せる事のできる人数/条件とは

    軽トラの荷台に人を乗せるのは、原則的に...
  • 東北道で仮眠を取るなら?しっかり体を休めることができるサービスエリアをご紹介!

    トラックドライバーがよく利用する東北道...
  • 高速道路に高さ制限はある?意外と知らない高速道路の高さ制限について解説

    高速道路に高さ制限があることをご存じで...