掲載をご希望の企業様はこちら

玉掛けとは?クレーン作業には必須の資格、玉掛け免許の取得方法まで詳しく紹介!

玉掛けはクレーン作業を行う際に必要になる資格で、クレーン作業が行われる建設現場などでは重宝される資格でもあります。

ではそんな玉掛けとはどのような資格で、どのように取得すればいいのでしょうか。

ここではそんな玉掛けについて詳しく紹介していきたいと思います。

玉掛けとはどんな作業?

重い荷物や大きい機械、巨大な材木、建築で使用する材料などを吊り上げるためクレーンは大規模な建築現場などで広く使われています。

このクレーンのフックの部分に荷を引っ掛けたり外したりする作業のことを「玉掛け」と言います。

重要な仕事ではありますが、大きくて重いものを扱うだけに事故も多く、その作業には慎重さが求められています。

玉掛けの作業は、荷を吊り上げるための準備から荷を降ろす場所での玉はずしの作業まで、すべて有資格者が必要になります。

荷を外す場所が運転席から離れている場合は有資格者が移動するか、その場に別の有資格者が必要になります。

有資格者の下では資格が無くても補助的な業務を行なうことができますが、補助作業者だけで玉掛け作業をすることはできないので、一定期間、補助業務を経験すると技能講習の講習が短縮されるといった優遇措置を受けることができます。

玉掛けに関する資格は2つ

玉掛け技能講習

制限荷重が1t以上のものを扱うクレーンを操作して玉掛けを行う場合は「玉掛け技能講習」を受けて資格を取得するという必要があります。

これはクレーンの操縦の資格とは別のもので玉掛けを行うのであれば受けなければならない講習ということになります。

玉掛け特別教育

制限荷重が1t未満のクレーンを利用する場合は特に玉掛けの資格が必要というわけではありませんが、「玉掛け特別教育」を受けることがすすめられています。

建設現場によっては特別教育を受けていなければ玉掛けの作業を行わせないということもあります。

ただ、実際に大規模な建設現場で使用されているクレーンは制限荷重が1tを超えるものがほとんどですので、「技能講習」を受けることが一般的です。特別教育は小型のクレーンのみしか使用できないからです。

玉掛け技能講習、特別教育の取得について

受講資格について

玉掛けの技能講習を受けるためには「18歳以上であること」と定められています。このほかには特に条件はないので受験資格は緩いと言えます。

講習には講習を行っている団体によって違ってくるのですが「受講料」と「教材費」がかかってきます。日本全国に講習を受けることができる場所はありますが、講習が3~4日間あるために場所選びも重要となってきます。

講習内容

技能講習では玉掛け技能講習規程に基づく、学科2日と実技1日の合計19時間以上の講習を受けることになります。すでに受けた特別教育の実務経験などによっては受講を免除される科目もあります。

最後には学科と実技どちらにも修了試験があります。学科試験はそれほど難しくないマークシート方式のものですので、しっかりと勉強して受ければ大丈夫でしょう。

受講費用

「技能講習」の受験費用は団体によって少しずつ違ってくるのですが、たいていのところでは

  • 受講料 2万円前後
  • 教材費 1000~2000円ほど

となっています。合宿タイプのところもありますが、実施しているところとしていないところがあり、費用もまちまちですので、希望する場所を調べてみましょう。

「特別教育」

特別教育は建設関係企業などの各事業所や各都道府県の登録教習機関で実施されています。特別教育を修了すると、吊上荷重1t未満のクレーン・デリック・移動式クレーン・揚貨装置などの玉掛け作業ができるようになります。

クレーン取扱い業務特別教育規程(昭和47年労働省告示第118号)で規定された9時間以上の講習と実技を受けることになります。こちらは受講料や教材費を合わせて12000~20000円ほどの費用がかかることになります。

玉掛け資格の合格率は高い

玉掛作業者の資格は、労働安全衛生法第61条、第76条にて規定されている「玉掛け技能講習」及び「玉掛け特別教育」を修了した技能者に与えられるものです。

それだけ重要な資格なので難しいというイメージがあるかもしれません。しかし実際には講習を3~4日間行ってそのまま修了試験が行われるために、ほとんどの人は1回で合格をして資格を取得しています。

その合格率は95%以上とも言われており、講習をしっかりと受けていれば不安に思うことはありません。

小型移動式クレーンも合わせて取得を!

タワークレーンのようにクレーンの運転席と玉掛け作業を行う場所が離れているときは、クレーンの運転士とは別に玉掛け資格を持つ人間が作業をする必要があります。この場合は片方を別の人が行うことになります。

ただ現場ではクレーンの資格と玉掛けの資格の両方を持っていると仕事がスムーズに進みますし、クレーンの資格と両方保有することでさらに活動範囲は広くなります。

とにかく玉掛けと小型移動式クレーンは関わりが深いために両方持っているということが重要になるのです。

こういった作業になれている人であれば技能講習を受けることでそれほど苦労することなく取得できるものですので、キャリアアップのためにも、資格手当を得るためにもぜひ取得していきましょう。

最近では合宿タイプの講習で両方の資格をまとめて取ってしまうということも増えています。両方持っていればユニック車での仕事も行うことができるようになるという利点が歓迎されているからだと考えられます。

 

まとめ

玉掛けは運送業界、建設業界で必須とも言える資格です。持っていることで仕事の幅が大きく広がることになりますので、資格できる機会にぜひ取得しておきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • トラック運転手の仕事のリスクに気をつけよう!事故や健康について気をつけるポイントとは?

    「トラック運転手は気楽」そんな風に言わ...
  • 牽引免許がいらない場合はどんなケース?車両の重量などの条件を解説!

    トレーラーを牽引するときには基本的には...
  • ユニック車が動かない!そんな時は先ず原因究明から取り組みましょう

    作業しようとしたら突然ユニック車が動か...
  • ルート配送ドライバーの給料/平均年収が知りたい!月給やボーナスは相場でどのくらい?

    ルート配送ドライバーの給料はどれほどな...
  • トラック運転手の睡眠時間どれくらいが平均?事故の原因になるため、しっかりと睡眠を!

    大型トラックと言えば長距離運転というイ...