掲載をご希望の企業様はこちら

食品配送がきついと思われるがちな5つの理由とは?メリットも紹介!

食品配送はきついという噂を耳にしたことがある方いませんか?本当にきつくてつらい仕事なの?と思う方もいらっしゃるでしょう。

今回は食品配送をする仕事の内容やどんな仕事なのかをわかりやすく説明していきましょう。

食品配送ってどんな仕事?

ここでは食品配送の仕事がどんな仕事なのか、その内容や種類についてをご紹介いたします。

食品のルート配送

食品配送の仕事というのは簡単に言えば食品を契約している店舗へ届ける仕事です。そして臨時ではない限りは決まった店舗に配送するルート配送です。

毎日配送センターで荷物を積み込んで、そのまま店舗へとルートに従って配送します。例えばメーカーから配送センターへ輸送したり、配送センターから各店舗やコンビニエンスストアやスーパーなどに配送します。

食品配送で使われるトラック

食品配送で荷物を運ぶトラックの大きさですが、2t~4tくらいの大きさが多いようです。

2tが多い理由については普通免許でも運転する事ができるからかもしれませんが、最近では4tトラックが増えており、今後も4tトラックの活躍が期待されています。

食品配送の仕事に必要な免許

食品配送の仕事をするのに必要な免許ですが、2tトラックの場合は普通運転免許でも運転が可能なのですが、

それ以上の大きさのトラックを運転する場合には、準中型免許や中型免許が必要になります。大型の免許があれば集荷の仕事など幅が広がるでしょう。

食品配送がきついといわれる理由5つ

ここでは食品配送の仕事がどうしてきついといわれるのか、その理由を5つご紹介いたします。

手積み手降ろし

一度でも経験した方はご存知のように、食品というの荷物の大きさが比較的小さいのですが、飲料水などの場合は1箱が重いものもあります。

それだけではなく2tや4tのトラックの場合、手摘み手降ろしをする事が多いのです。

そのため一つあたりの荷物の重さはなくても回数が多くなるので体力を地味に消耗してしまうのです。しかも夏場だった場合にはさらに大変だと感じてしまうでしょう。

荷積みに頭を使い運転に気を使う

ルート配送の場合の荷物の積み込みをする時は、回る店舗の順番を考えて積み込みをしなくてはなりません。

会社の方でトラックへの荷物の積み方を教えてくれるわけではないので、自分で考えて積み込みをしなくてはならないのもキツイと感じてしまう理由でしょう。

例えば順番を間違えると、降ろす時になって奥から取り出さなくてはならなかったり、急ブレーキや急発進をする事で荷崩れが起こりやすくなるので、

荷崩れを起こさないような積み方や運転のやり方を実践で覚えなくてはならないのもつらいと感じてしまう理由かもしれません。

時間厳守

ルート配送は厳格に決められているわけではありませんが、ある程度配送する時間が決まっていたりします。そのため渋滞などで遅くなると不安になったりイライラしたりしてしまう事もあります。

他にも飲食店やコンビニは早朝や深夜になる事もしばしばなので、ドライバーとしてはきついなと感じてしまう可能性はあるでしょう。

ちなみに食品以外のルート配送も大体時間が決まっているので、特別食品配送がきびしいというわけではありません。

営業力が試されることも

食品配送の運転手はルートドライバーとして、基本は荷物を運ぶだけなのですが、会社によってはセールスドライバーとしてお役割を担っている事もあります。

新商品などが出た時にお客様に紹介して入荷をお願いすることもあるようです。営業が苦手な方にとってはきついと感じる事もあるでしょう。

営業が無い場合でもお客様に接する時は最低限のマナーを守りましょう。中には営業がノルマになっている会社もあるので、応募する時に確認すると良いでしょう。

同じ作業の繰り返し

食品配送のドライバーの仕事は単調なので飽きてしまうという方もいるかもしれません。何となく毎日同じことの繰り返しをしているのが苦痛になるという方には、このお仕事はきつい仕事になるのかもしれません。

ただ毎日新しい仕事をするよりも同じ仕事の方がわかりやすいと思っている方にとって安定したしごとである事は間違いありません。

また自分なりのやり方を確立してスムーズに仕事ができるようになると、意外と楽しめるのもルート配送の仕事です。

食品配送の仕事のメリット

ここでは食品配送の仕事をするメリットについてをご紹介いたしましょう。

ルート営業なので慣れると楽

毎日日本全国あっちへこっちへ配送するのではなく、決まったお店を回る仕事なので最初は道を覚えたり、人を覚えたりするのが大変だと感じるかもしれませんが、慣れてくると一日の仕事の流れがわかってやりやすく感じます。

しかも配送先のお客様と顔見知りになると、いろいろな話もできますし毎回来るのが楽しいと感じる事も多くなってきます。多くの方と交流ができるのも食品配送の仕事の醍醐味だと感じる方も多いのではないでしょうか。

休みは比較的取りやすい

食品配送の仕事は担当するお店とお店の距離が近い事が多いです。その方が効率が良いからというのも理由の一つです。また、例えば近隣の県に担当区域があったとしても、近距離の仕事がほとんどです。

そのため毎日家に戻る事もできますし、休日も比較的取りやすいので体をゆっくりと休める事ができるのです。

これも食品配送の仕事のメリットだと言えるでしょう。仕事が手摘み手降ろしなので休日が確実に取れるというのはかなり良い事です。

中高年・女性も働きやすい職場が多い

食品配送の仕事は男性だけではなく女性もかなり多いです。仕事の量もある程度決まっていますし、荷物が手摘みであっても一つの重さが重すぎないですし、大きさについても大きすぎないのもメリットだといえるでしょう。

女性にも人気ですが中高年の方も働きやすい仕事ですので、一線をどいた運転手の方がルート配送をしている方もいらっしゃいます。中には40代くらいになってから食品配送の仕事に転職する方もいらっしゃいます。

食品配送の仕事に向いているのはこんな人

ここでは食品配送の仕事に向いている方がどんな人なのかについてをご紹介いたします。

人と話すのが好き

食品配送の仕事はルート配送なので、毎回同じ担当者の方とお話をする事になります。この時に不愛想だとお客様も仕事をする時に楽しさを感じず、事務的な態度をとられてしまう事もあります。

誰だって気持ちが良い人とお話をしたいので当然です。できれば人と話すのが好きという方や笑顔で挨拶が交わせる人がが食品配送の仕事に向いているでしょう。

運転が好き

基本的には運転の仕事ですので運転が好きという人はどなたでもできるお仕事です。ただ、ちょっと運転して疲れてしまうとか飽きてしまったという人には向いているとは言えません。

できれば長時間運転をしていても飽きないという方が向いています。また道路を覚えるのが早いという方もこの仕事に向いているでしょう。

責任感が強い

食品配送の仕事に限った事ではありませんが、責任感の強さが必要な仕事です。扱うものが食品なだけに配送する時間を守ることができる人がこの仕事に向いています。

また重要なのはお客様が発注した荷物の数や荷物そのものを間違わない事です。荷物の管理や時間の管理がしっかりとできる方が食品配送に向いているのです。また、体調管理の管理がしっかりとしている事も重要です。

まとめ

今回は、食品配送の仕事がきついのでは?という話題に触れてみました。皆さんがご想像している通りだったでしょうか?

どんな仕事でも良い点と悪い点があるものです。この記事が食品配送の仕事に興味がある方のお役に立てれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 冷凍車の構造/仕組みはどうなってる?冷凍車が冷やせるのは何度までか

    私たちの生活に欠かせない冷凍食品などを...
  • 人気ピックアップトラックの燃費を比較!ハイラックス、タコマ、F-150、D-MAX、タイタンなど

    ピックアップトラックは日本ではあまりな...
  • フルトレーラーの寸法/サイズを知りたい!高さ/幅/長さなどを徹底解説!

    フルトレーラーの寸法は年を追うごとに大...
  • 3トン車のサイズ/寸法はどれくらい?主要メーカーのサイズ目安を紹介

    3トン車というとどのくらいの大きさなの...
  • 10tトラックの維持費はどのいくらが平均費用?税金や保険などのコストを解説!

    現在の物流業界で輸送の中心担っているの...