掲載をご希望の企業様はこちら

プロパンガスボンベの転がし方がわかる動画をご紹介!目で見て転がし方のコツをつかもう

プロパンガスのボンベは一般的な家庭用で20kg、大きいものだとその重さは50kgにもなるってご存知でしたか?

ボンベを運ぶ時には専用のカートを使う場合もあれば、転がして運ぶこともありますよね。

今回はプロパンガスのボンベについてと上手に転がすコツなどをご紹介いたします。

プロパンガスの配送から設置まで

まずはプロパンガスのボンベの詳細や配送と設置までの工程を簡単にご説明いたします。

プロパンガスボンベの重量

プロパンガスのボンベの重量は20kgですが、実はこの重量というのは空っぽの状態です。

もしこのボンベの中に20kgのプロパンガスを充填してあれば、総重量は40kgという重さになってしまうのです。

一方で50kgの容量のプロパンガスの場合はガスを充てんすると90kgもの重さになるのです。ただしこの大きさは飲食店などで使用するのが多いです。

一般家庭では40kgの重量のボンベを使用します。とても重いですよね。

ちなみにボンベの大きさも20kgだと直径32cmで高さが76cm、50kgの場合なら直径37cmで高さは128cmとかなり大きいことがわかります。

パワーゲートとボンベカート

プロパンガスの運搬をする方が使用している車はトラックですが、パワーゲートというエレベーターのようなリフトのようなものが付いているタイプのトラックを使うので、重いプロパンガスのボンベを上げ下げする必要はありません。

ただ問題なのはプロパンガスのボンベを運ぶ時ですよね。

心配される方もいるかもしれませんが、最近ではボンベカートというボンベを運べる専用のカートがあるので、慣れていない重いものを手で運ぶ不安を感じなくても良いでしょう。

プロパンガスボンベの各部名称

ここではプロパンガスのボンベを構成している各部の名称をご紹介いたします。

縦継手、周継手、鏡板

プロパンガスには縦継手(たてつぎて)そして周継手(しゅうつぎて)鏡板(かがみいた)という箇所があります。

プロパンガスのボンベのようなガスまたは流動体のものを充填する容器を作る際に、継手を付けることでより圧に強い製品をつくる事ができます。

ガスは可燃性のものなので、万が一ガスが漏れてしまったら大きな事故につながる可能性がありますよね。

また、ガスボンベを作る時には必要な加工でもあるわけです。安全性が高いので溶接部分であっても使用には問題はありません。

また、鏡板というのはガスボンベの肩の部分です。

ネック、プロテクタ

ネックというのはガスボンベの蓋に該当する部分ですね。この部分にはバルブなどがついているのですが、ガスはここから充填されてバルブを閉めた状態でガスを使います。

また、ネックに取り付けられているバルブに家庭用のガス管をつなげて使います。

プロテクタはネックを守るようについているハネのような取っ手のような部分です。

ここはネックを守るという働きもありますが、他にも取っ手として使うこともできるので、ガスの交換の際に持ち手として使うのが一般的かもしれません。

スカート

スカートはガスボンベの一番下、底の部分のことをいいます。この部分はなぜあるのかご存知の方は少ないかもしれませんが、実はプロパンガスを設置する場所は乾燥した場所だとは限りません。もしかしたら土の上に設置するかもしれませんよね。

その際に直接大地にガスボンベが接すると、ガスボンベの底が腐食してしまう可能性があるので、スカートという部分を作ることでガスボンベの底の部分の腐食を防ぎ、ガス漏れなどの事故が起こらないようにできるのです。

キャップ

キャップという部分はガスボンベの一番上のバルブを守るために取り付けられている部品です。

あまり見かけないかもしれませんが、飲食店などで使用している大きなガスボンベには、スカートが付いていないタイプがあるのです。

その場合にバルブの部分(ネック)を守るために、カバーとしてキャップを使用しています。キャップがあるとバルブの破損や雨などによる腐食や汚れをある程度防ぐことができますね。

つまり安全性を高めるためのパーツということになります。

プロパンガスガスボンベの転がし方

ここではプロパンガスボンベを転がす方法やコツをご紹介いたします。

ガスボンベを斜めに

ガスボンベを交換している作業員の方を見たことがありますか?作業員の方々はガスボンベを斜めにして転がしていますよね。

上手にガスボンベを転がすコツの第一歩はボンベを斜めにして一定の角度を維持することです。

また、どのくらいの角度だったら良いのかについてですが、ガスボンベは各家庭やお使いになる環境で大きさが変わります。

なのでちょうどいい角度はそれぞれ持ってみて楽だと感じる角度を保てるように努力しましょう。

ネック(キャップ)で操作

もう一つのコツはネックやキャップの部分に手を添えてガスボンベを斜めにします。その状態でガスボンベを回転させて目的地まで運んでいきましょう。

ネックやキャップは比較的小さい部分なので、操作がしやすく扱いやすくなります。

ガスボンベを転がす時にはちょうど車のハンドルを曲げるように回転させるだけです。

車の運転をする方ならどなたでもすぐに覚えることができる転がし方なので、一度キャップやネックを使って回転させて移動してみましょう。

体に近づける

ガスボンベはガスが充填されている時は非常に重いものなので、万が一バランスを崩して倒してしまうと起こすのが大変ですよね。

そうならないように一定の角度を保つことが重要なのですが、そのためにも身体にできるだけ近い場所をキープする癖をつけましょう。

身体に近い位置をキープすることができればガスボンベがあっちこっちにふらつくのを抑制できますし、腕力だけで操作することになるので疲れてしまいます。

安定させて疲れにくい運び方をするためにも身体に近い位置に持ってくる癖をつけると良いですね。

動画で学ぶプロパンガスボンベの転がし方のコツ

ここでは実際に動画サイトに掲載されているプロパンガスの転がし方のコツについてご紹介いたします。

プロパンガス配送の職場体験

まずはYouTubeにある動画ですが、こちらではガスボンベをトラックからおろし、キャップ、ネックの部分を持ってガスボンベを転がして運ぶ様子が動画として納められています。

そして新しいプロパンガスに配管を付けるところまで説明しています。

特にパワーゲートのゲートへガスボンベを上手に入れるテクニックを見ることができるので、ガスボンベをパワーゲートに上げるコツが知りたいという方には特におすすめできる動画になっています。ぜひご覧ください。

30kgのボンベを転がす

次の動画はこちらです。

こちらの動画でもトラックに空のボンベを運び入れるところを動画にして紹介しています。

この動画では一般の家庭に設置する際の段差があった場合の運び方を学ぶことができる動画になっています。

ただ、20kgのガスボンベは手で運ぶことが多いようですが、やはり50kgの大きなガスボンベの場合は転がして運ぶというよりも、カートを使って運ぶことが多いのかもしれません。

神業級の転がし方

次の動画はこちらです。

こちらの動画ではガスボンベの交換作業やガスボンベを運ぶ作業に相当慣れている神業を披露してくれています。

ガスボンベを両手で一本ずつ運んでいるのを見るととても簡単そうに感じるかもしれません。

すぐにはできないかもしれませんが、動かしている様子を見ると身体の近くで操作する、一定の角度を保つというコツは守っているのがわかります。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はプロパンガスのガスボンベの転がし方のコツについてをご紹介いたしました。

これからガス会社で活躍したいと考えている方や、ガス会社に勤めているけど上達運ぶのがしないと悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 10tトラックの寸法/サイズとは?高さ/幅/長さ/重さについて種類別に解説

    10tトラックなど、大きい車に乗りたい...
  • 大型トラック運転手の給料/平均年収はいくらくらい?手取りや月収についても解説

    仕事を選ぶときにはもちろん、やりがいや...
  • 大型免許を取得できる年齢は?条件・費用・期間についても解説!

    大型免許の取得には年齢制限があると聞い...
  • 総重量限度緩和指定道路とは?重さ・高さ制限を超えるトラックの許可申請について

    総重量限度緩和指定道路という用語に聞き...
  • トラックのエアサスは使い方次第でこんなに楽に!エアサスとは?

    今のトラックはエアサスで様々な制御を行...