掲載をご希望の企業様はこちら

ハローワークを職歴なし/無職で使う場合の仕事の見つけ方とは?社会復帰のための公的就業支援まとめ

職歴が無くてもハローワークなら仕事を見つける事ができる?と不安を感じられている方もいるかもしれませんが、そんな心配をする必要はありません。

今回はハローワークの支援や活用方法などをわかりやすくご紹介いたします。

職歴なしがハローワークで仕事を見つけるコツ

まずは職歴無しの方がハローワークで仕事を見つけるちょっとしたコツをご紹介いたします。

まずは窓口に相談

まずハローワークは職歴が無いと利用できないのでは?とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にどなたであっても利用できる施設ですので心配はいりません。

利用するためにはハローワークを訪ねて窓口に相談するところから始めましょう。窓口では基本的な情報を伝えてどのような仕事をしたいのかなどの希望も伝えます。得意な事などを伝えるのも良いですね。

さらに注意しなくてはならないのは登録したら永久に利用できるわけではありません。ある程度利用しないと再度登録し直しになるので気を付けます。

求人はこまめにチェック

ハローワークではお住まいの地域に特化した就職情報を提供しています。さらにお仕事のジャンルも色々とあるので自分の好みの仕事が見つかるまで探します。

探す時はパソコンを使えるのでとても楽ちんです。情報量はある程度あるのですが、お好みの仕事がたくさんあるとは限りません。なので毎日求人情報をこまめにチェックします。

パソコンやスマホでも検索できるので毎日チェックして最新の情報をゲットしましょう。

職業訓練を利用する

ハローワークでは職業訓練も行っているので積極的に活用しても良いですね。例えばドライバーの仕事なら運転免許の取得などの支援も受けられるでしょう。

この場合は自分が条件に合っているかを確認してみると良いですね。他にも専門的な資格の取得の支援も利用できますので、自分がやってみたい仕事に必要な資格の取得をバンバン取っても良いですね。

失業保険を受けている人だけでは?と思うかもしれませんが、職歴が無い人でも受けられる訓練や講座はありますので安心しましょう。

職歴なしがハローワークで気をつけること

ここでは職歴無しの方がハローワークを利用する時に注意すべき点についてをご紹介いたします。

相談員との相性の問題

ハローワークの職員の事を相談員と言いますが、相談員も人間ですしそもそもハローワーク事態が利益追求型の団体ではないので、中には頭ごなしに強い口調でお説教めいた事を言う方がいるのも事実です。

それでなくても仕事に対してナーバスになっているのにメンタルがやられてしまってはたまりません。

ある程度強く言われる覚悟をしつつも希望はしっかりと伝える事も重要です。やる気があれば問題は無いのです!

ブラック会社の求人も

ハローワークで扱っている求人の中には注意しなくてはならない事があります。それはブラック企業の求人も紛れ込んでいるという事です。

そもそも無料で求人情報を出せるので空求人などをする企業もあるので注意しましょう。ブラック企業かどうかを確かめる方法としては、いつまでも求人情報が外れないとか、

いったん求人情報が外れたのに再び求人広告が掲載されたなど、ブラック企業特有の求人の出し方があるのでこまめにチェックする事は非常に重要ですね。

職業訓練は早めに申込みを

もしも職業訓練を受ける事を考えているのであれば、早めに申し込みをしておく事を強くおすすめします。

その理由は人気の高い講座はすぐに人手埋まってしまうので、あっという間に締め切りになってしまうからです。

なのでもしも自分がやりたい仕事に資格が必要で、そのための講座を発見したのならば、迷っていないですぐに講座への申し込みをするようにしましょう。

またその時就職の意思がある事を示す事も重要になるので気を付けましょう。

職歴なしにおすすめ「わかものハローワーク」

ここでは職歴がなくてもおすすめの「わかものハローワーク」についてをご紹介いたします。

わかものハローワークとは

ハローワークと同じ機能を持っていますが、こちらは若年層の方で正社員になりたいと思っている方を支援する目的と、就職に有利な資格や講座の受講なども支援してくれます。

地元だけじゃなく日本全国の求人情報があるのも良いですね。

就職するまでの支援はもちろんなのですが、それだけではなく就職後の支援などもしてくれるので、職歴がない初めて就職するという方にとっても心強いサービスを受けられます。

履歴書の書き方がわからないなどの相談も受けてくれるのも良いですね。

わかものハローワークがおすすめの人

初めての就職活動なのでじっくりと選びたい方、毎回違う相談員の方と話すのではなくて、一度担当者になったらその相談員の方が毎回担当してくれる方が相談しやすいという方にも、

どちらかというとハローワークよりもおすすめできます。

他にも就職に不安があると就職してからも不安に感じるという方は、わかものハローワークの場合は就職後もその仕事に定着できるように支援してくれるのも良いですね。

他にも少しでも求人数が多い就職支援が欲しいという方にもピッタリです。

職歴なしにおすすめ「サポステ」

ここではサポステという就職支援活動をしている機関についてご紹介いたします。

サポステとは

サポステというのはお住まいの地域の求人情報を提供しているだけではなく、働きたいけれどこれまで就職をした事がなくて不安という方の中で、働きたい!

という気持ちをバックアップしてくれる厚生労働省が委託している支援機関です。

これまで何等かの事情で働いていないという方が、どのようにすれば就職ができるのかをサポートしてくれるので、職歴無しの方でも気軽に利用する事ができます。

どちらかというと若者向けの就職支援機関ですね。

サポステがおすすめの人

働きたいけれど働いた事が無いので不安が大きい。どうやって就職すれば良いのかを優しくサポートしてくれるところを探している。

これまで就職情報サイトやハローワークを活用した事がなくて他の支援団体を探しているという方におすすめです。

まずは働きたいという気持ちを一歩先に進めてみたい方は、どんどん活用していって欲しい支援機関です。

就職してからも定着するまでの間に不安な事があったとしても、気軽に相談する事ができるので安心できます。

まとめ

今回は職歴無しの方が働きたいと思った時に、その気持ちをサポートしてくれる就職支援機関のご紹介と、おすすめの就職支援機関の詳細についてをご紹介いたしました。

この記事が働きたいという方のお役に立てれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • レッカー車の種類とサイズ・レッカー車の仕組みや装備はどうなってるの?

    レッカー車は車両を運搬する時に必要不可...
  • 運送会社の退職理由に多い原因とは?離職率を下げるために改善するべき項目

    せっかく就職したとしても何等かの事情で...
  • 牽引免許がいらない場合はどんなケース?車両の重量などの条件を解説!

    トレーラーを牽引するときには基本的には...
  • スマホのドライブレコーダーは熱くなる?熱対策や必須アイテムを紹介!

    最近では運転中のトラブルや事故に対応す...
  • 運転記録証明書とは?申請方法・入手までの日数・貰える場所をご紹介

    運転記録証明書とは、過去1年から5年の...